このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

文字列の解析とシリアル化は、文字列からデータを解析、またはデータを文字列にシリアル化するコンポーネントを構成する高度なマッピング技術です。 この技術は、ファイルからデータを読み込む(またはファイルにデータを書き込む) 代替として使用することができます。文字列を解析する、またはデータを文字列にシリアル化する MapForce コンポーネントは、以下のようなシナリオにとても役にたちます。例:

 

XML、テキスト、 または JSON ファイル  などの構造を データベースフィールド または Excel スプレッドシートセルに挿入する必要がある場合。

データベースフィールド内に保管された XML フラグメントを スタンドアロンの XML ファイルに変換する必要がある場合。

(例えば、 FlexText を使用する)レガシーデータをテキスト (例: 単一のデータベースフィールド内の固定値コンテンツ)として保存しており、このデータを並べ替え可能なフィールドベースの構造 にするために変換する場合。

 

文字列の解析とシリアル化 以下の MapForce コンポーネント型で使用することができます:

 

テキスト (CSV、 固定値フィールド テキスト、 EDI、 と MapForce Flexテキスト テンプレート)

JSON スキーマファイル

XML スキーマファイル

 

上記のコンポーネント型のために、文字列の解析とシリアル化は BUILT-IN ターゲット言語でサポートされています。更に、JSON への文字列の解析、または文字列からの JSON シリアル化は BUILT-IN、C#、 または Java でサポートされています。

(C) 2020 Altova GmbH