MapForce オプションの変更

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マップのカスタム化 >

MapForce オプションの変更

MapForce 内の一般および他の優先順位を変更する方法は、以下の通りです:

 

「ツール」 メニューから 「オプション」をクリックします。

 

使用することのできるオプションは、以下に表示されているとおりです。

 

ライブラリ

 

MapForce にカスタム関数 ライブラリを追加または削除するには以下を参照してください ( カスタム XSLT 1.0 または 2.0 関数のインポートカスタム XQuery 1.0 関数のインポートカスタム Java と .NET ライブラリのインポート)。

 

全般

このページで使用することのできるページ内の設定は、以下のとおりです:

 

ロゴの表示 | 起動時に表示

MapForce が起動されると、 イメージ (スプラッシュスクリーン) を表示、または、非表示にします。

背景をグラデーションで表示

マッピングペイン内の背景をグラデーションで表示する機能を有効化、または、無効化します。

表示する注釈を N 列に制限する

このオプションは注釈をサポートするコンポーネントに対して適用されます (例えば、 XML スキーマ、EDI)。注釈テキストに複数の行が含まれる場合、このオプションを有効化すると、コンポーネント上の最初の N 行のみが表示されます。N は指定することのできる値です。この設定は、コンポーネント内で表示される SELECT ステートメントにも適用されます。

名前のエンコード

新規コンポーネントのためにデフォルトの文字の円コードを設定します。この設定は、各コンポーネントのために個別に変更することができます。次を参照してください: コンポーネント設定の変更.

実行タイムアウトの使用

「出力」 ペイン内でマッピングの結果をプレビューする際に実行のタイムアウトを設定します。

一時的なファイルの出力を生成する

このオプションが設定されていると、マッピングの結果をプレビューする際に生成される出力は、一時的なファイルに書き込まれます (これはデフォルトのオプションです). 出力ファイルパスにまだ存在しないフォルダーが含まれる場合、 MapForce がこれらのファイルを作成します。

 

警告: 実行のためにマッピングをサーバーにデプロイする場合、パス内のディレクトリはサーバー上で存在する必要があり、それ以外の場合、実行エラーが発生します。サーバー実行のためにマッピングを準備するも参照してください。

最後の出力ファイルに直接書き込む

このオプションが設定されていると、マッピングの結果をプレビューする際に生成される出力は、実際のファイルに書き込まれます 出力ファイルパスにまだ存在しないフォルダーが含まれる場合、 マッピングエラーが発生します。

 

警告: このオプションは更なる確認をせず、既存の出力ファイルを上書きします。

N 文字のステップでテキストを表示する

大きな XML とテキストファイルを生成するマッピングをプレビューする際に、出力 ペイン内に表示されるテキストの最大のサイズを指定します。出力テキストがこの値を超えると、「更にロードする」 ボタンをクリックして次のチャンクをロードする必要があります。詳細に関しては、次を参照してください: 出力のプレビュー

 

編集

このページで使用することのできる設定は、以下のとおりです:

 

マウスのドラッグ時のコンポーネントの入れる

マウスでドラッグする際にコンポーネントまたは関数が他のコンポーネントと共に整列するかを指定します。コンポーネントの整列 を参照。

スマートコンポーネントの削除

有効化されると、 スマートコンポーネントの削除 オプションは、削除された接続を "記憶" します。コンポーネントの削除後、接続を保持する を参照。

 

メッセージ

「このメッセージを表示しない」 オプションにより以前に無効化されたメッセージの通知を再有効化します。

 

生成

プログラムのコード生成中に適用できる IDE とコンパイラーの設定を定義することが有効化できます。コードジェネレーターのオプション および MapForce Server 実行ファイルにマッピングをコンパイルする をそれぞれ参照してください。

 

XBRL

一般 XBRL オプション を参照してください。

 

デバッガー

デバッガーの設定 を参照してください。

 

データベース

DB Query タブ内のデータベースをクエリするとき適用することのできる設定を定義することができます (次を参照してください: データベースの参照とクエリ)。

 

ネットワークプロキシ

ネットワークプロキシの設定を参照してください


(C) 2019 Altova GmbH