NCPDP SCRIPT 検証ルール

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce と EDI > NCPDP SCRIPT >

NCPDP SCRIPT 検証ルール

NCPDP SCRIPT メッセージに関しては、MapForce は次の検証チェックをおこないます:

 

UIB/S001/F0001 は、 "UNOA" です。
UIB/S001/F0002 は、 "0" です。
UIH/S306/F0329 は、メッセージ型 "SCRIPT" を含みます。
UIH/S306/F0316 は、選択された構成ファイル内で定義されているメッセージバージョン番号を含みます。
UIH/S306/F0318 は、選択された構成ファイル内で定義されているメッセージリリース番号を含みます。
UIH/S306/F0326 は、メッセージ関数 (または、 MapForce 用語内のメッセージ型)を含みます。
UIT/F0062 は対応する UIH/F0062 (メッセージ ヘッダー/トレーラー)に一致する、または、存在しません (任意のフィールド)。
UIT/F0074 はセグメントの数を含む、 または、存在しません (任意のフィールド)。
UIZ/F0036 はメッセージの数を含む、 または、存在しません (任意のフィールド)。

 

次も参照してください: EDI コンポーネントの検証.


(C) 2019 Altova GmbH