このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

element-available 関数により、入力された要素が XSLT の処理系によりサポートされているかチェックすることができます。

 

パラメーターは QName として評価されます。そのため、XSLT 要素には xsl: プレフィックスを、XML スキーマ要素には xs: プレフィクスを付与する必要があります。マッピングで生成される XSLT 内で使用される名前空間にこれらのプレフィックスが対応しています。

 

FXxslt10elmavailable

 

関数からは ブール値が返されます。

(C) 2019 Altova GmbH