このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

charset-encode 関数は、入力文字列データを取り、Base64 テキストとしてエンコードします。指定された文字列セット (例えば、 "utf-8") 内でエンコードされたデータは、xs:base64Binary 型として返されます。  Base64 テキストとして以前にエンコードされているバイナリデータをデコードするには、charset-decode 関数を使用します。

mf_charset-encode_01

 

引数

名前

詳細

string-data

xs:string

エンコードされる文字列データ

encoding

xs:string

エンコードのために使用される文字セット (例、 "utf-8")。

substitute

xs:string

無効な文字が発生した場合、置換の文字を指定する任意の引数。 非-Unicode エンコードを使用する場合、この引数を適用できます。 Unicode エンコードのための、 置換文字は ic_utf8_replacement_char です。

 

サンプル

UTF-8 文字セットを使用して、テキスト "Lorem ipsum" を Base64 データをエンコードしターゲット XML ファイルに書き込むと仮定します。ターゲット XML ファイルには、 xs:base64Binary 型の message 要素がスキーマにより示されているように存在します:

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
  <xs:element name="message" type="xs:base64Binary"/>
</xs:schema>

 

Base64 エンコードを実行するマッピングは以下の通りです:

mf_charset-encode_02

このマッピングは下のような XML 出力を生成します  (スキーマ参照と XML 宣言はスキップされています):

 

<message>TG9yZW0gaXBzdW0=</message>

 

MapForce シリアル化コンポーネントを使用して、serializationテキストまたは XML ファイルを Base64 としてエンコードすることができます。 例、下で示されるマッピングは、ソース XML ファイルを文字列にシリアル化します。結果する文字列は charset-encode 関数の引数として提供されます。最後に、関数の結果は、単純型出力コンポーネントを使用してマッピングの出力として返されます。 マッピングからの文字列の値を返すを参照してください。 . シリアル化の情報に関しては、 文字列の解析とシリアル化を参照してください。

mf_charset-encode_03

(C) 2019 Altova GmbH