このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

logical 関数は入力されたデータを比較して、"true" または "false" という boolean 型の出力を生成します。通常、フィルターを使用してサブセットを渡す前段階で、データを評価するために使用されます。

 

入力パラメーター = a | b または value1 | value2

出力パラメーター = 結果

 

2 つの入力ノードの評価結果は、入力の値と比較に使用されたデータ型により異なります。

 

例:整数の値 4 と 12 の 'less than' 比較は、 4 が 12 より小さいため、 boolean 値 "true"を返します。 2 つの入力文字列が '4' と '12' を含む場合、  '4' はアルファベットの順序でオペランド (12) の最初の文字 '1' よりも大きいため、構文的分析はの出力値 "false" を返します。

 

すべての入力データ型が同じ型の場合、  例: 全ての入力ノードは数値型、または文字列型であり、共通の型のための比較が行われます。

 

入力ノードが異なる型の場合、 (例: 整数と文字列 または 文字列と日付)そして、 使用されるデータ型は、2つの入力型のうち 最も一般的な (最も制限のない) 入力データ型です。

 

2つの値を比較する前に、 すべての入力の値は、共通のデータ型に変換されます。データ型 "文字列" が"整数"より制限のない前のサンプルを使用ます。整数の値 4 を文字列 '12' と比較し、整数の値 4 を文字列 '4' に変換し、文字列 '12' と比較します。

 

メモ:Logical 関数を null 値の存在をテストするために使用することはできません。 null 値を logical 関数の引数として与えると、 null 値を返します。null 値の扱い方に関しての詳しい情報は、 Nil 値 / Nillable を参照してください

(C) 2019 Altova GmbH