このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

デフォルトでは、すべてのグローバルリソースは Altova アプリケーションの作成場所に関わらず、 以下のパスに保存されます: C:\Users\<username>\Documents\Altova\GlobalResources.xml。これにより簡単にバックアップすることができ、 Altova 製品がインストールされている他のワークステーションに対してポータブルになります。GlobalResources.xml ファイルの名前を変更、または、複製することができ、複数のグローバルリソースファイルを作成することができます。しかしながら、 Altova アプリケーション内では1つのグローバルリソースファイルのみしかアクティブ化することはできません。

 

他の Altova アプリケーションとは異なり、 FlowForce Server はグローバルリソースファイルを必要としません。代わりにリソースは他の FlowForce 構成データと同様に管理されます (アクセスパーミッションと共に再利用することが可能です)。 詳細に関しては、FlowForce Server 内のグローバルリソースを参照してください。

 

 

アクティブなグローバルリソース ファイルをセットアップする方法:

1.「ツール」メニューから、「グローバルリソース」をクリックします。 (または、 グローバルリソース _ic_global_resource ツールバーボタンをクリックします。)

2.「参照」 をクリックして、必要とされるグローバルリソース XML ファイルを選択します。

 

複数のグローバルリソースファイルを使用している場合、現在アクティブなファイルに現在のコンテキストにより必要とされているすべてのグローバルリソースファイルが含まれていることを確認してください。 例えば、 グローバルリソースを使用するパスからデータを読み取るようにマッピングが構成されている場合、現在アクティブなグローバルリソースファイルにはその特定のグローバルリソースが含まれている必要があります。それ以外の場合、「グローバルリソースを解決する際にエラーが発生しました」などのエラーメッセージが 「メッセージ」 ウィンドウに表示されます。

(C) 2019 Altova GmbH