このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

Altova グローバルリソース

グローバルリソースとしての MapForce と StyleVision 変換結果

スクロール ホーム トップ その他

静的なファイルをポイントする代わりに、MapForce マッピング または StyleVision 変換より作成された特別なファイルを読み取るグローバルリソースを作成することができます この場合、グローバルリソースを使用する Altova アプリケーションは、最初に MapForce、または StyleVision を呼び出し、対応するマッピングまたは変換を実行し結果ファイルを取得します。これにより、Altova アプリケーション間のデータワークフローを定義することができます。(例えば、MapForce マッピング または StyleVision 変換の結果を入力として、他の マッピングまたは変換にパスする場合など)。 例えば、グローバルリソースを使用して、 XMLSpy が MapForce マッピングの結果 (出力) を使用する方法に関しては、次を参照してください:サンプル: アプリケーションワークフローを作成する

 

マッピングの結果 (出力) をグローバルリソースとして使用できるようにするためには、  マッピングの変換言語を BUILT-IN に設定するか、または マッピングが BUILT-IN 言語によりサポートされるコンポーネントを含む必要があります。

 

上記のワークフローは同じコンピューターにインストール済みの Altova デスクトップアプリケーション間で意味があります。 MapForce と StyleVision 変換の結果をグローバルリソースとして Altova サーバー製品と MapForce Basic Edition 内で使用することはできません。

 

Altova サーバーアプリケーションがどのようにグローバルリソースを使用方法の詳細は、MapForce Server 内のグローバルリソースFlowForce Server 内のグローバルリソース.を参照してください。

(C) 2019 Altova GmbH