このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

Altova グローバルリソース
> 多種の実行環境内でのグローバルリソース

FlowForce Server 内のグローバルリソース

スクロール ホーム トップ その他

FlowForce Server の観点からは、デスクトップアプリケーション同様に1つの XML ファイルに保管されないため、グローバルリソースはある程度グローバルではなくなります。FlowForce 内では、各リソースファイルまたはフォルダーパス、またはデータベース接続詳細を含む可能性のあるは再利用可能なオブジェクトです。リソースをコピー、エクスポート、またはインポートすることができ、他の FlowForce Server オブジェクト同様に同じユーザーアクセスの対象となることができます。 つまり、FlowForce ユーザーはマッピング関数内のすべてのリソースを使用することができます。

 

MapForce 内でグローバルリソースを使用するマッピングを作成すると、 FlowForce Server にデプロイすることができます。デプロイ時にデプロイメントダイアログボックス上の 「リソースの使用」 チェックボックスを選択することにより、マッピングがグローバルリソースを使用するかを選択することができます。チェックボックスを選択しない場合、マッピングにより使用されるグローバルリソースは現在選択されている構成をベースに解決されます。チェックボックスを選択すると、 FlowForce Server 内でもマッピング関数はリソースを必要とします。次のマッピング関数のサンプルはリソースの実行を必要とする FlowForceにデプロイされます。 (最初のパラメーターがリソースファイルからデフォルトのファイルパスを取得することに注意してください):

inc-resources-flowforce

上で説明されているとおり FlowForce Server 内では、ジョブではなくマッピング関数がグローバルリソースを使用します。 例えば、マッピングがパスから読み取り、または、パスへ書き込むように構成されている場合が挙げられます。上のサンプルでは、マッピング関数はリソースから最初の入力ファイルを 読み取ります 。ジョブ構成ページからのパスをオーバーライドしない限り、これはこの関数を使用するすべてのジョブが同じパスを使用することを意味します。

 

FlowForce Server にグローバルリソースをスタンドアロンオブジェクトととしてデプロイすることができます。つまり、グローバルリソースをデプロイするためにマッピングを最初にデプロイする必要はありません。詳細に関しては FlowForce Server にリソースをデプロイする を参照してください。。

 

FlowForce Server 内でのリソースの使用に関する詳細はFlowForce Server ドキュメントを参照してください (https://www.altova.com/ja/documentation.html).

(C) 2019 Altova GmbH