このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

 

 

コンポーネント

MapForce 内では、 「コンポーネント」 という用語はデータの構造(スキーマ)またはデータがどのように変換(関数)されるかを視覚的に表します。コンポーネントはすべてのマッピングを構築する中心的な役割を果たします。マッピングエリアでは、コンポーネントは正方形の枠で表示されます。以下は、 MapForce コンポーネントの例です:

 

定数

データベース

フィルター

条件

フラットファイル (CSV、 固定長と他のテキストファイル)

関数コンポーネント

EDI ドキュメント (UN/EDIFACT、ANSI X12、HL7)

Excel 2007+ ファイル

単純型 入力コンポーネント

単純型 出力コンポーネント

変数

XBRL ドキュメント

スキーマおよびDTD

 

 

接続

接続とは2つのコネクタ間に描くことができる線です。接続を描くことにより、 MapForce にデータを特定の方法で変換するように命令します。(例: XML ドキュメントからデータを読み込み、 他の XML ドキュメントに書き込みます)。

 

コネクタ

コンポーネント の左右に表示される小さな三角形です。コンポーネントの左に表示されるコネクタはそのコンポーネントのエントリポイントを表します。コンポーネントの右に表示されるコネクタはそのコンポーネントからのデータの終了ポイントを表します。

(C) 2019 Altova GmbH