StyleVision スタイルシートを使用したマッピングの例

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マップのカスタム化 > StyleVision を使用してマッピングの出力のスタイルを指定する >

StyleVision スタイルシートを使用したマッピングの例

MapForce サンプルフォルダー (<マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2019\MapForceExamples\) 内のマッピングの多くは、ターゲットコンポーネントに割り当てられている StyleVision Power Stylesheets (.sps ファイル) を含んでいます。この場合、マッピングはを StyleVision プレビュータブ含んでいます。

mf_stylevision_tabs

StyleVision プレビュータブ (MapForce Enterprise Edition)

次のパスで見つけることのできる CompletePO.mfd はスタイルシートを使用したマッピングの一例です: <マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2019\MapForceExamples\CompletePO.mfd。 このマッピングは、 XML フォーマットで注文を表示します。ターゲットコンポーネントを右クリックして、プロパティを選択すると、.sps ファイルが割り当てられていることに気が付きます。

mf_assign_sps

 

HTML フォーマットで表示される出力データを確認するために出力 タブをクリックします。

mf_stylevision_example1

CompletePO.mfd の HTML プレビュー(MapForce Enterprise edition)

他のサンプルは YearlySales.mfd です。 このマッピングは、以下のパスで見つけることができます: <マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2019\MapForceExamples\Tutorial\YearlySales.mfd

sv-yearlysales3

 

このマッピングに割り当てられているスタイルシートは、(StyleVision を使用して)デザインされており、 ChartType 要素の値を変更して、チャートの型の管理が可能することができます。これにより、マッピングから直接チャートの型を変更することができます。具体的な、値の定数のデフォルトの値を 1 から 7 に変更することができます。 value-map コンポーネントにマウスをポイントすると、使用可能な値が表示されます。

yearly20

出力内での 3D 円グラフを生成する定数のデフォルトの値は、 "2" です。他の種類のチャートを表示するには、他の許可されている値に変更し、結果を確認するために出力 タブをクリックします。


(C) 2019 Altova GmbH