ヒントと注釈の有効化

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > XBRL > XBRL 基本設定 >

ヒントと注釈の有効化

ヒントが有効化されていると、各コンポーネントアイテムについての追加情報を、マウスのカーソルをポイントすることにより、以下のように確認することができます。

 

 

xb-comp5

 

(存在する場合)注釈テキストをオンとオフに切り替えることができます。有効化されている場合、 注釈は、コンポーネント内でアイテムの右側に表示されます。 例: 下のスクリーンショットでは、 xbrli:xbrl ルート要素の注釈は、 は "XBRL インスタンス ルート要素" です。

 

nofile_xbrl_nanonull_xsd

 

ヒントを有効化、または、無効化するには、 以下を行います:

 

o「表示」 メニューから「ヒントの表示」をクリックします。
o 「ヒントの表示」 ( ic-show-lib-info ) ツールバーボタンをクリックします。

 

 

注釈を有効化、または、無効化するには、以下を行います:

 

o「表示」 メニューから「注釈の表示」をクリックします。
o「注釈の表示」 ( ic-show-annot ) ツールバーボタンをクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH