ASC X12 検証ルール

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce と EDI > ASC X12 >

ASC X12 検証ルール

ANSI X12 ドキュメントの検証時には以下の項目がチェックされます:

 

ISA ならびに IEA セグメントが存在するか。
ISA/I01 内に、法的承認情報修飾子が含まれるか。
ISA/I03 内に、法的セキュリティー情報修飾子が含まれるか。
2 つの ISA/I05 セグメントに法的インターチェンジ ID 修飾子が含まれるか。
ISA/I08 内に整形式の日付値が含まれるか。
ISA/I09 内に整形式の時刻値が含まれるか
ISA/I13 内に法的 boolean 値が含まれるか。
ISA/I14 内に法的インターチェンジ使用インジケーターが含まれるか。
ISA/I12 と IEA/I12 内に含まれる値が同一のものか。
IEA/I16 内に含まれる値が、インターチェンジ内に含まれる関数グループの正しい数か

 

各関数グループに対して、以下の項目がチェックされます:

 

マッチする GS と GE のペアが存在するか。
GS/373 内に整形式の日付値が含まれるか。
GS/337 内に整形式の時刻値が含まれるか。
GS/28 ならびに GE/28 内に含まれる値が同一のものか。
GE/97 内に含まれる値が、関数グループ内に含まれるメッセージの正しい数か。

 

各メッセージに対して、以下の項目がチェックされます:

 

マッチする ST と SE のペアが存在するか。
ST/143 内に正しいメッセージ識別子が含まれるか。
ST/329 と SE/329 内に含まれる値が同一のものか。
SE/96 内に含まれる値が、メッセージ内に含まれるセグメントの正しい数か。

(C) 2019 Altova GmbH