このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

データソースとターゲット > MapForce と EDI

構成ファイルを使用して EDI 検証をカスタマイズする

スクロール ホーム トップ その他

このセクションは、 EDI メッセージの検証を MapForce 内でカスタム化して、以下の目的を達成する方法について説明します:

 

検証ルールが標準により完全に実施することのできないフィールドの検証を弛緩し、外部の標準を利用して拡張する場合もあります。

 

例えば、定義済みのコードの値に追加して、 ISO 外部標準、または 国連欧州経済委員会(UN/ECE) の勧告により指定されたコードの値を受け入れる EDI データ要素があるとします。この場合、このような EDI フィールドを処理する場合、 MapForce を構成して、 外部コードが発生すると (検証エラーではなく) 警告を返し、マッピング処理を再開することができます。詳細に関しては、次を参照してください: フィールドの検証の弛緩

 

カスタム構成ファイルを MapForce に適用し、上記にようなフィールドを検証します。

 

例えば、 UN/EDIFACT D.16A 標準のデータ要素 4405 を検証するには、国連欧州経済委員会(UN/ECE) 勧告第 24 号(「貿易および運送のステータスコード」 により定義された検証ルールを含む、カスタム構成ファイルを追加する必要があるかもしれません。 国連欧州経済委員会(UN/ECE) 勧告第 24 号内で定義されたコード値は、EDIFACT 標準 に対して外部となります(このため、MapForce により与えられる EDIFACT 構成ファイルのデフォルトのセットの一部ではありません)。 詳細に関しては、次を参照してください: 外部ソースからコードの値を適用する

 

フィールドが使用されている箇所、または特定のメッセージのためにローカルで使用されている全てのメッセージのためにグローバルに検証を行います。

 

グローバル、またはローカルに検証を構成することは可能です。グローバルな検証は、全てのメッセージ内のフィールドでの全ての発生に影響を与えます。ローカル (または 「インライン」) 検証は、特定のメッセージのみに適用することができます。詳細に関しては、次を参照してください: メッセージレベル (インライン)でコードの値を定義する

 

フィールドレベルだけではなく、文字レベルでも検証が必要なフィールドのために高度な検証ルールを定義します。

 

UN/EDIFACT D.16A のVERMAS (大容量のメッセージの検証) などの特定のメッセージは、(データ要素 8155 などの) 高度な検証ルールを必要とするフィールドを含んでいます。このフィールドは、 ISO 6346 内で指定されているコード値を受け入れる可能性があります。ISO 6346 などのフィールドを検証するために、構成ファイルを使用して、フィールド内で特定の文字が特定の場所で発生するかをチェックするように、MapForce をカスタム化することができます。詳細に関しては、次を参照してください: 文字の構成-レベルの検証。 (ISO 6346 は、ここで例として記述されており、 MapForce 構成ファイルは既に ISO 6346 のための検証ルールを既に含んでいます)。

(C) 2019 Altova GmbH