このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

EDI コンポーネントを含むマッピングは、マッピングが次の変換言語に設定されている場合サポートされます: BUILT-IN、C++、 C#、 Java。EDI マッピングが MapForce 内でデザインされると、次の方法で実行することができます:

 

「出力」タブをクリックすることにより、データ変換の結果を直接 MapForce 内でプレビューすることができます。マッピングにより生成される出力は、 MapForce とターゲットコンポーネントの構成に従い、希望する場所に希望する名前で保存することができます。

MapForce Server を介して API 呼び出し 、または コマンドラインインターフェイスを使用して、サーバーマシン (Windows、Linux、 macOS) 上でマッピングを実行することができます。.mfx ファイルとしてマッピングがコンパイルされる必要があり、サーバーマシンに手動でコピーすることができます。次を参照してください: MapForce Server 実行可能ファイルにマッピングをコンパイルする

サーバーマシン (Windows、Linux、 macOS) に HTTP (、または HTTPS) を使用してマッピングをデプロイすることができ、計画された、またはオンデマンドジョブ、または Web サービスとして実行することができます。次を参照してください: マッピングを FlowForce Server にデプロイする

C++、 C#、または Java プログラムコードをマッピングから生成することができます。生成されたプログラムは、マッピングが MapForce 内でプレビューされた状態と同じ結果を生成します。スタンドアロン、または既存のコードに統合して実行することができます。次を参照してください: コードジェネレーター

 

EDI コンポーネントに適用することのできる設定(ソース 、またはターゲット)を構成するには、 コンポーネントヘッダーを右クリックし、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。次を参照してください: EDI コンポーネント設定。他のコンポーネント型に適用することのできる設定に関しては、次を参照してください: コンポーネント設定の変更

 

マッピング全体のためにマッピングの設定を構成するには、マッピングを右クリックして、コンテキストメニューから マッピングの設定 を選択し 、次を参照してください: マッピング設定の変更

 

コード生成設定にアクセスするには、「ツール | オプション」 に移動し、「生成」 タブをクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH