このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

When StyleVision がコンピューターにインストールされると、ビルトインの固定されたデザインの代わりに定義済みの StyleVision Power Stylesheet (SPS) ファイルをテンプレートとして選択してマッピングドキュメンテーションを生成することができます。次の定義済みの SPS スタイルシートを使用することができます:

 

FunctionCallGraph.sps - メインマッピングとユーザー定義関数の呼び出しグラフを表示します。

FunctionsUsedBy.sps - マッピング内で直接、または間接的に使用された関数を表示します。

ImpactAnalysis.sps - ソース、およびターゲットノードとターゲットノードまでの多種の関数を使用したすべてのルートをリストします。

OverallDocumentation.sps - 全てのノード、コネクタ、関数、およびターゲットノードを表示します。このテンプレートは最大の詳細を出力し、ビルトインの固定デザイン出力に合致しています。

 

以下に示されるようにドキュメントを生成する前に必要とするスタイルシートを選択することができます。ファイルは ...\MapForce2020\Documentation\MapForce フォルダー内で見つけることができます。

mf_docgen_06

下のサンプルはこれらのスタイルシートにより生成される出力を示しています。サンプルは MapForce を使用してインストールされたデモマッピング の1つ (PersonListByBranchOffice.mfd )により生成されています。これらのサンプルは HTML 出力を示していますが、他のフォーマットのレイアウトもこれに類似しています。SPS ファイルの作成、およびカスタム化に関しての情報は、カスタムスタイルシートを参照してください。

 

スタイルシート "FunctionCallGraph.sps"

mf_docgen_02

 

スタイルシート "FunctionsUsedBy.sps"

mf_docgen_03

 

スタイルシート "ImpactAnalysis.sps"

mf_docgen_04

 

Stylesheet "OverallDocumentation.sps"

mf_docgen_05

(C) 2019 Altova GmbH