このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

マッピングのデザイン

マッピングドキュメンテーションの生成

スクロール ホーム トップ その他

ドキュメンテーションの生成コマンドにより、マッピングに関する詳細なドキュメンテーションを HTML、Microsoft Word (.doc)、RTF 書式で生成することができます。StyleVision がインストールされていると PDF 書式でドキュメントを生成することもできます。

 

メモ

MS Word フォーマットにてドキュメンテーションの生成を行うには、MS Word (バージョン 2000 以降)がインストールされている必要があります

PDF 書式でドキュメントを生成、または生成されたドキュメントのデザインをカスタマイズする場合 StyleVision がインストールされている必要があります。

 

デフォルトではドキュメンテーションは含まれるコンポーネント、表示されるパスの深さ、および他の設定を構成することのできる固定されたデザインで生成されます。StyleVision がインストールされている場合、含まれている StyleVision Power Stylesheets (SPS) ファイルの追加機能を活用、または StyleVision 内で自身のデザインを作成することができます。

 

 

マッピングドキュメンテーションの生成方法:

1.「ファイル」 メニューから「ドキュメントの生成」をクリックします。 これにより「ドキュメントの生成」 ダイアログボックスが開かれます。

mf_docgen_01

2.必要とされる設定を選択し 「OK」をクリックします。

 

構成可能な設定は下に説明されています。

 

ドキュメントのデザイン

「固定デザインを使用」を選択して内蔵のドキュメンテーションテンプレートを使用します。

「ユーザー定義デザインを使用」を選択して StyleVision 内で作成された定義済み StyleVision Power Stylesheet を使用します。...\Documents\Altova\MapForce2020\Documentation\MapForce\ フォルダー内で SPS ファイルを使用することができます。 詳細に関しては、定義済み StyleVision パワースタイルシートを参照してください。

「参照」 をクリックして、定義済みの SPS ファイルを参照します。

「編集」 をクリックして StyleVision をローンチし、 StyleVision ウィンドウ内で選択された SPSを開きます。

 

出力書式

次の出力書式の一つを選択します: HTML、Microsoft Word、RTF、または PDF.  Microsoft Word ドキュメントは固定されたデザインを使用する場合 .doc ファイル拡張子と共に作成され、 StyleVision SPS を使用して生成する場合 .docx ファイル拡張子と共に作成されます。ます。PDF 出力書式は StyleVision を必要とし、 StyleVision SPS を選択した場合のみ使用することができます。

入力、または出力コンポーネントなどの個別のコンポーネント別に1つのファイルを与えるなど、複数のドキュメンテーションファイルを生成する場合「出力を複数のファイルに分割」を選択します。固定されたデザインを使用する場合、複数のドキュメント間のリンクが自動的に生成されます。

「生成後に結果ファイルを表示」 オプションが選択されている場合、MapForce は生成されたファイルを適用できる場合デフォルトのブラウザー、またはアプリケーション内で開きます。

 

パスの長さの制限

入力、または出力接続のために表示されるパスの長さの最大値を定義するためにこれらのオプションを使用します。例えば、デフォルトの長さが 3 の場合、アイテムパスは以下のようになります: .../ShortPO/LineItems/LineItem

 

含まれる内容

生成されたドキュメント内に含まれる特定のコンポーネントをここで選択します。

 

詳細

生成されたドキュメンテーション内での詳細のレベルをカスタマイズするオプションを使用します。「ライブラリ名」 オプションは巻数のために "core" プレフィックスを挿入します。

(C) 2019 Altova GmbH