このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

クエリするそれぞれの データベースに対して、接続を作成する必要があります。マッピングが既にデータベースコンポーネントを含む場合、 DB クエリ ペインの上のエリアにある既存のデータベース接続(デフォルトでは接続はオフライン) を選択することができ、データベースオブジェクトを探索し、クエリを実行することができます。

 

マッピングがデータベースコンポーネントを含まない場合、または新規のデータベースに接続する場合は、 クイック接続 ( quickconnect ) をクリックし、新規の データベース接続を作成するウィザードに従います( サンプル を参照) 。接続の内の1つがグローバルリソースとして定義されている場合、グローバルリソースから既存のデータベース接続を選択することができます ( グローバルリソースを参照 )。

 

データベースに接続すると、 次のメソッドを使用してデータベースクエリを作成することができます:

 

SQL クエリを SQL エディター ペインから 既存の SQL ファイルインポートする。

クエリを SQL エディター ペイン内で作成する。

データベースブラウザーペイン内のオブジェクトを右クリックして、 クエリを生成します。(通常、 SELECT)。

 

SQL エディター ペイン内でクエリを実行する準備が整ったら、実行 ic_execute-sql ボタンをクリックします。データベースデータはテーブルの様式で結果タブに表示されます。ステータスバーは検索の終了したメッセージ ( dbq-ret-edit1a )を、およびクエリの結果に関連する適切な情報を表示します。

 

検索の終了メッセージが表示されると、検索結果を検索、並べ替え、クリップボードにコピーすることができます ( クエリの結果のコピー、並べ替え、および検索 を参照)。

(C) 2019 Altova GmbH