このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

このセクションは、 MapForce によりサポートされるマッピングソースからデータを転送する例と方法について説明しています(例えば、 XML ファイル) をターゲットデータベースに転送するなど。以下のテーブルは、使用することのできるオプションのまとめをリストしています。

 

希望するアクション

このトピックを参照する

マッピングにより提供されたデータを基にして、ターゲットデータベース テーブルにデータを挿入します。

データをテーブルに挿入する

主キーの値の作成方法を管理します。

データをテーブルに挿入する

データを複数にリンクされているテーブルに挿入する

「準備中」 SQL ステートメントをテーブルがマッピングにより変更される前に実行します (例えば、 テーブル、または カスタム SQL ステートメント内の全てのレコードを削除するなど。)。

データを複数にリンクされているテーブルに挿入する

データベーステーブルアクション設定

外部キーによりリンクされているテーブル内の階層的なリレーションシップを保持します。

データを複数にリンクされているテーブルに挿入する

条件付きでテーブルを更新します。

テーブルの更新

条件に従い、レコードをデータベースにマージします (レコードを更新して、他のレコードを同じ テーブルに挿入します)。

「以下の条件で更新し、残りを挿入」 アクション

MERGE ステートメント

外部キー リレーションシップを使用して他のテーブルにリンクされているテーブルを更新する際に、データベースの整合性を保持します。

親テーブルを更新する際の子テーブルのためのオプション

同じテーブルに対して複数のアクションを定義します (例えば、 条件が満たされるとレコードは削除され、 それ以外の場合、新規のレコードが挿入されます)...

「以下の条件で削除...」 アクション

「以下の条件で無視...」アクション

 

マッピングの実行に失敗した場合、データの整合性を保持します。

トランザクションロールバックの使用

データベース テーブルに複数のレコードをバルク挿入します (複数の INSERT  ステートメントを1つのクエリにまとめます)。

バルク転送 (MapForce Server)

(C) 2019 Altova GmbH