このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

データベースコンポーネントをマッピングエリアに追加した後、コンポーネント設定ダイアログボックスから適用することのできる設定を構成することができます。コンポーネント設定 ダイアログボックスを以下の方法で開くことができます:

 

コンポーネントを選択して、 「コンポーネント」 メニューから「プロパティ」をクリックします。

コンポーネントをダブルクリックします。

コンポーネントを右クリックして、 「プロパティ」 をクリックします。

component_settings_db

データベースコンポーネント設定ダイアログボックス

使用することのできる設定は、以下のとおりです。

 

データベース

このグループは、 データベース 接続情報を表示します。「変更」 をクリックして異なったデータベースを選択し、既存のデータベースコンポーネント内のデータベースオブジェクトを際定義します。同じ名前のテーブルへの接続は保持されます。 データベースコンポーネントを右クリックして、「追加/削除/データベースオブジェクトの編集」 を選択することにより、 コンポーネント内のテーブルを変更することができます。

 

データソース

現在のデータベースの名前を指定します。ファイルベースのデータベースでは、これはファイルシステム上のパスです。

 

この設定を使用して相対的または絶対的なパスを使用してファイルベースデータベースがマッピングに追加されるかを決定します。相対的なパスの場合、「データソース」にはパスが含まれています。絶対的なパスにはデータベースファイル名のみが含まれています。

接続名

接続の名前を指定します。 MapForce によりこの名前は自動的に生成されます。通常、データソース名と同じ名前ですが、 Altova グローバルリソースに接続されている場合、いわゆる「エイリアス」内である場合もあります。マッピング上で同じ接続名を持つ複数のデータベースコンポーネントが存在する場合、 名前は "<connection1>"、 "<connection2>" などの書式を取ります。

データベースの種類

データベースの型を指定します。

接続文字列

現在のデータベース 接続文字列を表示します。この読み取り専用のフィールドは、データベース接続の作成時または変更時に提供される情報を基に生成されます。

 

ログイン設定

ログイン設定はすべてのコード生成ターゲットとビルドイン実行エンジンのために使用されます。

 

ユーザー

データベースに接続するためのユーザー名を変更することができます。データベースが接続のためにユーザー名を必要とする場合必須です。

パスワード

データベースに接続するためのパスワードを変更することができます。 データベースが接続のためにパスワードを必要とする場合必須です。

 

JDBC-固有の設定

JDBC 接続が含まれている場合、これらの設定がデータベースに接続するために使用され、 生成された Java コード、または MapForce Server により実行されます。

 

メモ:マッピングが Linux または macOS マシン上で実行される場合、ADO、ADO.NET、 および ODBC 接続は JDBC (および JDBC 設定が適用されます) に変換されます。次を参照してください:異なる実行環境内でのデータベースマッピング.

 

JDBC ドライバー

データベースコンポーネントのための現在アクティブなドライバーを表示します。デフォルトの ドライバー は、データベースコンポーネントを定義する際に自動的に入力されます。必要に応じてこの項目に入力されるドライバーを変更することができます。データベース URL フィールド内のエントリの構文が選択する特定のドライバーに従っていることを確認してください。

データベース URL

現在選択されている データベースの URL です。このエントリは JDBC-ドライバーフィールド内に入力されている特定の JDBC ドライバー 構文にしたがっていることを確認してください。

 

 

ADO/OLEDB-固有の設定

マッピングに ADO 接続が含まれる場合、これらの設定がデータベースに接続するために使用されます。生成された C# または C++ コード、またはWindows 上で作動する MapForce Server により実行されます。次を参照してください:多種の実行環境内でのデータベースマッピングデータソースカタログ設定は、ビルトインの実行エンジンでは使用されていません。

 

データソース

ADO データソースの名前を表示します。

カタログ

ADOカタログの名前を表示します。

プロバイダー

データベースコンポーネントのための現在アクティブなプロバイダーを表示します。

追加オプション

追加のデータベースオプションを表示します。

 

生成設定

すべてのコード生成ターゲットとビルドイン実行エンジンに生成の設定は適用することができます。

 

トランザクションの使用

データベースをターゲットとして使用する場合、トランザクション処理 を有効化します。エラーが発生すると、 ダイアログボックスが開かれ、続行のオプションを選択できます。トランザクション処理は、このオプションを選択すると、すべてのデータベースコンポーネントのテーブルのために有効化されます。

テーブル名からスキーマ名を削除する

柔軟性のためにテーブル名だけを残し、 データベース スキーマ名を生成されたコードから削除することが可能になります。

 

このオプションにより生成された、 MapForce SQL Select ステートメント のみに対して動作することに注意してください。ユーザー定義 SQL-ステートメントは、 仮想テーブルを作成する際には、変更されません。

 

ステートメント実行のためのタイムアウト

データベースがターゲットコンポーネントとして使用される場合、 実行タイムアウトがサーバーの使用状況、交通、長期的に実行されているトリガー、および他の要素により発生する場合があります。この設定により、データベースへの接続が閉じられる前のタイムアウトの時間を定義することができます。設定は、データベースデータをクエリする際、 C#、 Java、 および C++ コード内で実行されます。

 

タイムアウト

実行エンジンが、データベースステートメントの実行を中断する前にデータベースのレスポンスを待つ期間を秒数で定義します。実行タイムアウトのデフォルト設定は 60 秒です。

タイムアウトなし

有効化されると、このオプションは実行エンジンにタイムアウトしないように命令します。

 

メモ:ステートメントの実行のためのタイムアウトは SQLite データベースに使用することができません。

 

データベーストランザクションの扱い

トランザクションの使用

データベースターゲットとしてデータベースを使用する場合トランザクションの処理を有効化します。トランザクションの処理はこのオプションを選択するとデータベースコンポーネントのすべてのテーブルのために有効化されます。詳細に関してはデータベース例外の扱いを参照してください。

 

トレース

トレースレベル

ターゲットデータベースコンポーネントに適用可能です。トレーシングが有効化されていると、データベースに対して行われるアクションがトレースファイル内でログされます。 詳細に関してはデータベーストレースとエラーログを参照してください。

トレースファイル

データベーストレース情報が書き込まれるファイルを指定します。トレースファイルは XML フォーマットです。トレースファイル構成を参照してください。このパスは絶対的または相対的で、「 MFD に対して相対的なすべてのファイルを保存する」 ファイルチェックボックスにより影響されます。

 

MFD ファイルに相対的にすべてのファイルパスを保存する方法

オプションが有効化されている場合、MapForce はコンポーネント設定ダイアログ上に表j委されているファイルパスを MapForce Design (.mfd) ファイルの場所に対して相対的に保存します。異なるオペレーティングシステム上の MapForce Server マッピングを使用して実行する場合、相対的なパスを使用してください。コンポーネント上の相対的なパスの使用を参照してください。

(C) 2019 Altova GmbH