このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

ユーザー定義関数 (UDF) を含むマッピングは他のマッピングにインポートすることができます。ユーザー定義関数の呼び出しとインポートを参照してください。 インポートされたマッピングに資格情報が含まれる場合、資格情報マネージャー内に資格情報はインポート済みと表示されます。 インポートされた資格情報は黄色い背景色で表示されます。

 

デフォルトでは、インポートされた資格情報はメインマッピングと共に保存されませんが、ローカルコピーをオプションで作成し、メインマッピング内に保存することもできます。メインマッピング内からインポートされたマッピングを編集しようとすると警告ダイアログボックスが表示されます。

 

メモ:インポートされたマッピングとメインマッピングが同じ資格情報を含む場合、名前の競合が発生する場合があります。名前の競合を回避するために、資格情報名がマッピングとインポートされた UDF のスコープ内で一意であることを確認してください。

(C) 2019 Altova GmbH