このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

マッピング処理内での手助けをするために、 MapForce は、ターゲットコンポーネント内の必須の入力をオレンジ色でハイライトします:

 

XML と EDI コンポーネントは、 minOccurs パラメーターがで 1 と同じまたは 1 より大きいアイテムです。

データベース内では、これらは「ゼロではない」として定義されるフィールドです。

WSDL 呼び出しと WSDL レスポンス (全てのノード)

必須と定義された XBRL ノード

関数内では、これらは、パラメーターがマップされると、接続の必要な他の必須のパラメーターがハイライトされる特定の必須のパラメーター です。 例: フィルター入力パラメーターの1つがマップされると、他のパラメーターは自動的にハイライトされます。

MS Excel シート内のワークシート名

 

...\MapForceExamples フォルダー内にある、CompletePO.mfd などのマッピング作成の際、 挿入された XML スキーマファイルは下に表示されるとおりです。

mandatory1

Customers コンポーネントの Number 要素は CompletePO コンポーネントの Number 要素に接続されています。接続が作成されると、CompletePO コンポーネントの必要なアイテム/ノードは、ハイライトされます。折りたたまれた 「Article」 ノード/アイコン もハイライトされます。

mandatory2

(C) 2020 Altova GmbH