このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

接続を右クリックすると、 以下のコンテキストコマンドを使用することができます。

context_connection

マッチする子を接続

「マッチする子を接続する」 ダイアログボックスを開きます。( 一致する子要素の接続 を参照)。接続がマッチする子アイテムを持つことができる場合、このコマンドを有効化することができます。

削除

選択された接続を削除します。

ソースへ移動: <item name>

現在の接続のソースコネクタを選択します。

ターゲットに移動: <item name>

現在の接続のターゲットコネクタを選択します。

ターゲット優先 (標準)

接続の型をターゲット優先に変更します ( ターゲット優先接続 を参照)。

全てコピー (子アイテムのコピー)

接続の種類を「全てコピー」に変更し、ソースとターゲットコンポーネント内の全ての等しいアイテムと自動的に接続します ( 全てコピー接続 を参照)。

 

ソースアイテムとターゲットアイテムの両方が子アイテムを持つ場合、このコマンドは有効化されます。

ソース優先 (複合型コンテンツ)

接続の種類を「ソース優先」に変更します ( ソース優先マッピングを参照)。  

 

ソースアイテムとターゲットアイテムの両方が子アイテムを持つ場合、このコマンドは有効化されます。

並べ替えの挿入: Nodes/Rows

ソースとターゲットアイテム間のソートコンポーネントを追加します。( データの置換えを参照)。

フィルターの挿入: Nodes/Rows

ソースとターゲットアイテム間のフィルターコンポーネントを追加します。( フィルターと条件を参照)。

SQL-Where 条件の挿入

ソースとターゲットアイテム間の SQL-Where コンポーネントを追加します。( SQL WHERE / ORDER コンポーネントを参照)。.

Value-Map の挿入

ソースとターゲットアイテム間の Value-Map コンポーネントを追加します。( Value-Map の使用を参照)。

プロパティ

「接続設定」 ダイアログボックスを開きます。( 接続設定 を参照)。

(C) 2019 Altova GmbH