このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

<msxsl:script> 要素にはユーザー定義の関数や変数が含まれており、XSLT スタイルシート内の XPath 条件式内部から呼び出しを行うことができます。<msxsl:script>  はトップレベル要素で、 <xsl:stylesheet> または <xsl:transform> の子要素である必要があります。

 

<msxsl:script>  要素は urn:schemas-microsoft-com:xslt 名前空間内に存在する必要があります(以下を参照ください)。

 

 

スクリプト言語と名前空間

ブロック内で使用されるスクリプト言語は <msxsl:script> 要素の language 属性にて指定され、XPath 条件式における関数の呼び出しに対して使用される名前空間は implements-prefix 属性により特定されます(以下を参照)。

 

<msxsl:script language="scripting-language" implements-prefix="user-namespace-prefix">

 

  function-1 or variable-1

  ...

  function-n or variable-n

 

</msxsl:script>

 

<msxsl:script> 要素は Windows Scripting Runtime を使ったやりとりを行うため、お使いのコンピューターにインストールされた言語だけしか <msxsl:script> 要素では使用することができません。MSXSL スクリプトを使用するには .NET Framework 2.0 以上のプラットフォームをインストールする必要があります。結果として <msxsl:script> 言語から .NET スクリプト言語を使用することができます。

 

HTML の <script> 要素における language 属性と同じ値が language 属性では受理されます。language 属性が指定されていない場合、Microsoft JScript がデフォルトとして想定されます。

 

implements-prefix 属性には名前空間スコープ内で宣言されたプレフィックスが与えられます。通常この名前空間は関数ライブラリのために予約されたユーザーの名前空間となります。<msxsl:script>要素内で定義された全ての関数ならびに変数は、 implements-prefix  属性にて指定されたプレフィックスで特定される名前空間に収められます。XPath 条件式内部から関数が呼ばれる場合、完全修飾関数名が同じ名前空間内に関数として定義されていなければなりません。

 

 

<msxsl:script> 要素内で定義された関数を使用する XSLT スタイルシートの例を以下に示します:

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<xsl:stylesheet version="2.0" xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform"

   xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"

   xmlns:fn="http://www.w3.org/2005/xpath-functions"

   xmlns:msxsl="urn:schemas-microsoft-com:xslt"

   xmlns:user="http://mycompany.com/mynamespace">

 

  <msxsl:script language="VBScript" implements-prefix="user">

    <![CDATA[

    ' Input: A currency value: the wholesale price

    ' Returns: The retail price: the input value plus 20% margin,

    ' rounded to the nearest cent

    dim a as integer  = 13

    Function AddMargin(WholesalePrice) as integer

      AddMargin = WholesalePrice * 1.2 + a

    End Function

  ]]>

  </msxsl:script>

 

  <xsl:template match="/">

    <html>

      <body>

        <p>

          <b>Total Retail Price =

            $<xsl:value-of select="user:AddMargin(50)"/>

          </b>

          <br/>

          <b>Total Wholesale Price =

            $<xsl:value-of select="50"/>

          </b>

        </p>

      </body>

    </html>

  </xsl:template>

</xsl:stylesheet>

 

 

 

データ型

スクリプトブロックとのやりとりに使用されるパラメーターの値は XPath データ型に限定されます。スクリプトブロック内にある関数にてやりとりされるデータや変数に、この制限はありません。

 

 

アセンブリ

msxsl:assembly  要素を使用することで、アセンブリをスクリプト内部へインポートすることができます。アセンブリは名前や URI により特定されます。アセンブリのインポートは、コンパイル時に行われます。以下に msxsl:assembly  要素の簡単な使用例を示します:

 

<msxsl:script>

 <msxsl:assembly name="myAssembly.assemblyName" />

 <msxsl:assembly href="pathToAssembly" />

 

 ...

 

</msxsl:script>

 

アセンブリ名は、以下のような完全な名前でも::

 

"system.Math, Version=3.1.4500.1 Culture=neutral PublicKeyToken=a46b3f648229c514"

 

"myAssembly.Draw" のような短い名前でも指定できます。

 

 

名前空間

msxsl:using  要素により名前空間の宣言を行うことができます。これにより、スクリプト内において名前空間無しでアセンブリクラスを使用することができ、タイピングの手間を軽減することができます。以下に msxsl:using  要素の簡単な使用例を示します:

 

<msxsl:script>

 <msxsl:using namespace="myAssemblyNS.NamespaceName" />

 

 ...

 

</msxsl:script>

 

namespace  属性の値は名前空間の名前となります。

 

(C) 2019 Altova GmbH