このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

(「挿入 | テキストファイル」 メニューコマンドを使用して)マッピング コンポーネントとしてテキストファイルを追加する際に、MapForce から、 FlexText を直接開始することもできます。 MapForce インストールディレクトリ内の Altova MapForce FlexText 実行可能ファイルとして実行することにより、FlexText をスタンドアロンプログラムとして開始することができます。

 

下のスクリーンショットは、 <マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2020\MapForceExamples\ ディレクトリ内にある他の FlexText サンプルと共にサンプル FlexText テンプレート (InspectionReport.mft) を表しています。

FlexTextGUI

FlexText グラフィカル インターフェイス

FlexText インターフェイスは次のペインにより構成されています: デザイン ペイン、概要ペイン、とサンプルテキストペイン。次に示されるように、これらのペインの位置と外観は、優先順位によりカスタム化することができます。

 

デザイン ペイン

デザイン ペインは、コンテナを使用して、テキストの構造を定義する作業エリアです。  コンテナは、指定する条件に従い、テキストデータを扱うためのルールを定義します。 FlexText テンプレートの最初のコンテナは、全体のテキストファイルを示す ルート コンテナです。すべての他の コンテナ は、 (通常、テキストを意味のある単位に分割して、データをマップするため)次のコンテキストの処理ロジックを定義します。例えば、 「1回分割する」 コンテナは、テキストのフラグメントを  2つのフラグメントに分割します。 デフォルトでは、コンテナの名前は、関数を説明しています (例えば、 繰り返される分割)。 しかしながら、 必要に応じて名前を変更することができます。作業中のテキストファイルの構造により必要とされる数のコンテナを定義することができます。

 

このドキュメントの FlexText レファレンス セクションは、コンテナについての詳細をカバーしています。しかしながら、コンテナに関しては、以下に注意してください :

 

コンテナの右上の角のアイコンをクリックすると、ポップアップメニューが開かれ、コンテナ型を選択することができます。

flex-intro3

各コンテナには、構造内の特定の箇所でテキストデータに何が行われるかを指定することができます。このオプションにより、コンテナのコンテンツを決定し、 MapForce コンポーネントに与える前に設定を直すことができます。

flex-intro4

コンテナコンテンツを表示、または、非表示するには、 「展開」 ic-exp または 「折りたたむ」 ic-expcoll アイコンをそれぞれクリックします。

グループとしてコンテナを折りたたむには、Shift キーを押してください。2つの二重山かっこ ic-chevron が表示されます。ハンドルをクリックすると、コンテナツリーのセクションクリックされたアイテムの右側に折りたたみます。

デザインペイン内で、特定のコンテナにより作成されたテキストをプレビューするには、「デザインビュー内のノードテキスト」 ic-fl-nodetext ツールバーボタンを有効化してください。

「選択されていないノードテキストを自動的に折りたたむ」 ic-fl-autocollapse ツールバーボタンが有効化されていると、 コンテンツ of a コンテナ のコンテンツは、選択されると、展開されます。すべての他の コンテナハ、折りたたまれます。

 

概要ペイン

概要ペインは、デザインペインの概観図を表示しています。 デザイン ペイン内を移動するには、赤い三角をクリックアンドドラッグします。概要ペインをデタッチして、インターフェイス内で位置を変更するには、タイトルバーをクリックして、ペインを希望する場所にドラッグします。

 

サンプルテキストペイン

サンプルテキストペインは、現在選択されている コンテナのコンテンツを表示します。 (このペイン 「デザインビュー内のノードテキスト」 ic-fl-nodetext ツールバーボタン が有効されていると、表示されず、代わりに、現在選択されている コンテナ のコンテンツがデザインペインに表示されます)。

 

テキスト内のプレビューで、 「タブ」「Enter キー/改行」 文字を素早く識別するために、 FlexText は、このような文字をそれぞれ ChrTabChrCRLF などの記号を使用して表示します。

(C) 2019 Altova GmbH