このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

このチュートリアルは、 FlexText の最も一般的な使用方法と、 MapForce 内で多種の方法でテキストファイルを処理するための FlexText の最もパワフルな機能をについて説明します。 

 

このサンプルは、 <マイ ドキュメント>\Altova\MapForce2020\MapForceExamples\Tutorial\ フォルダー内の Flex-tutorial.txt ファイルを使用します。 .txt ファイルは次の書式で表示されます:

flex-tut1

チュートリアルの目的:

111 と 222 のキーを含むレコードを個別にマップ可能なアイテムに分離する。

テキスト形式のレコードを破棄する。

残りのレコードの CSV ファイルを作成する。

 

チュートリアルは、次のパートから構成されています:

 

ステップ 1: FlexText テンプレートの作成

ステップ 2: 分割の条件の定義

ステップ 3: 各コンテナのための複数の条件の定義

ステップ 4: ターゲット MapForce コンポーネントの作成

ステップ 5: MapForce 内で FlexText テンプレートを使用する

(C) 2019 Altova GmbH