FlexText コンポーネント設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > MapForce FlexText >

FlexText コンポーネント設定

FlexText コンポーネントをマッピングエリアに追加すると、コンポーネント設定ダイアログボックスから、適用することのできる設定を構成することが可能になります。 コンポーネント設定ダイアログボックスを以下の方法を用いて開くことができます:

 

「コンポーネント」 メニューから、 「プロパティ」 をクリックします(このメニューアイテムは、コンポーネントを選択すると有効化されます)。
コンポーネントヘッダーをダブルクリックします。
コンポーネントヘッダーを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

Dlg_FlexTextComponentSettings

FlexText コンポーネント設定ダイアログボックス

使用することのできる設定は以下の通りです。

 

コンポーネント名

コンポーネント名は、コンポーネントを作成すると自動的に生成されます。 名前はいつでも変更することができます。

 

コンポーネント名が自動的に生成され、その後、インスタンスファイルを選択すると、 MapForce は任意でコンポーネント名を更新するようにプロンプトします。

 

コンポーネント名には、スペースと終止符文字を含むことができます。 コンポーネント名には、スラッシュ、バックスラッシュ、コロン、二重引用符、 先頭および末尾のスペースを含むことができません。一般的には、コンポーネント名を変更する際、以下の点に注意してください:

 

FlowForce Server にマッピングをデプロイする場合、コンポーネント名を一意の名前にしてください。
コマンドラインに入力することのできる文字のみを使用することが奨励されます。国別使用文字によっては Windows とコマンドライン内で異なるエンコードを使用する場合があります。

FlexText 構成

コンポーネントにより使用されている FlexText テンプレート(.mft) の名前、または、パスを指定します。

 

新規のテンプレートを選択するには、「参照」をクリックします。 FlexText 内のテンプレートを編集するには、「編集」をクリックします。

入力テキストファイル

MapForce がデータを読み取るテキストファイルを指定します。このフィールドは、ソースコンポーネントにとり重要で、最初にコンポーネント作成した際に作成され、テキストファイルに割り当てられます。

 

ソース テキスト ファイルは、 FlexText テンプレート内で定義されているものを優先します。 FlexText テンプレート内で定義されているファイル名がソースとして使用されます。

出力テキストファイル (コード生成のため)

MapForce がデータを書き込むための テキストファイルのパス名を指定します。 このフィールドは、コードを生成する際に、ターゲットコンポーネントにとって重要です。 フルパスを入力することにより、ターゲットディレクトリを特定的に定義することができます。例えば、 c:\myfiles\sequence.txt などがあげられます。

MFD ファイルに相対的な全てのファイルパスを保存する

このオプションが有効化されていると、 MapForce は、コンポーネント設定ダイアログボックスに表示されている MapForce Design (.mfd) ファイルの場所に対して相対的なファイルパスを保存します。


(C) 2019 Altova GmbH