このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

ADO.NET 接続をセットアップするには、データベース接続ダイアログボックスから ADO.NET プロバイダー を選択し、 接続文字列を入力します。 (次も参照してください ADO.NET 接続のセットアップ)。 異なるデータベースのサンプル ADO.NET 接続文字列は .NET プロバイダーの下にリストされています。

 

Teradata のための .NET Data

 

このプロバイダーは、次の Teradata Web サイトからダウンロードすることができます (http://downloads.teradata.com/download/connectivity/net-data-provider-for-teradata)。 サンプル接続は以下のとおりです:

 

Data Source=ServerAddress;User Id=user;Password=password;

 

 

IBM i のための .NET Framework データプロバイダー

 

このプロバイダーは、 IBM i Access Client Solutions - Windows Application Package の一部としてインストールされます。サンプル接続文字列は以下のとおりです:

 

DataSource=ServerAddress;UserID=user;Password=password;DataCompression=True;

 

詳細に関しては、インストールパッケージ内に含まれる「.NET プロバイダー 技術レファレンス ヘルプファイル」を参照してください。

 

MySQL のための .NET Framework データプロバイダー

 

このプロバイダーを MySQL ウェブサイトからダウンロードすることができます (https://dev.mysql.com/downloads/connector/net/)。サンプル接続文字列は以下のとおりです:

 

Server=127.0.0.1;Uid=root;Pwd=12345;Database=test;

 

次も参照してください: https://dev.mysql.com/doc/connector-net/en/connector-net-programming-connecting-connection-string.html

 

SQL Server のための .NET Framework データプロバイダー

 

サンプル接続文字列は以下のとおりです:

 

Data Source=DBSQLSERV;Initial Catalog=ProductsDB;User ID=dbuser;Password=dbpass

 

次も参照してください: https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms254500(v=vs.110).aspx

 

.NET Framework 4.0 のための IBM DB2 データプロバイダー 10.1.2

 

Database=PRODUCTS;UID=user;Password=password;Server=localhost:50000;

 

メモ:このプロバイダーは、通常 IBM DB2 Data Server Client パッケージと共にインストールされます。 IBM DB2 Data Server Client パッケージをインストール後 ADO.NET プロバイダーのリスト内で プロバイダーが不足している場合、 次の技術メモを参照してください: http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21429586

 

次も参照してください: http://www.ibm.com/support/knowledgecenter/en/SSEPGG_10.1.0/com.ibm.swg.im.dbclient.adonet.ref.doc/doc/DB2ConnectionClassConnectionStringProperty.html

 

.NET (ODP.NET) のための Oracle データプロバイダー

 

ODP.NET プロバイダーを含むインストールパッケージを Oracle ウェブサイトからダウンロードすることができます (次を参照してください: http://www.oracle.com/technetwork/topics/dotnet/downloads/index.html). サンプル接続文字列は以下のとおりです:

 

Data Source=DSORCL;User Id=user;Password=password;

 

Oracle への接続(ODBC)内で説明されているように tnsnames.ora ファイル内で定義された Oracle サービス名をさす DSORCL がデータソース名の場合。

 

tnsnames.ora ファイル内のサービス名を構成せず接続する場合は、 以下のような文字列を使用してください:

 

Data Source=(DESCRIPTION=(ADDRESS_LIST=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=host)(PORT=port)))(CONNECT_DATA=(SERVER=DEDICATED)(SERVICE_NAME=MyOracleSID)));User Id=user;Password=password;

 

次も参照してください: https://docs.oracle.com/cd/B28359_01/win.111/b28375/featConnecting.htm

(C) 2019 Altova GmbH