このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

C++ コードを生成すると、 次のステップは Visual Studio 内でビルドすることです。生成されたコードをビルドする方法:

 

1.Visual Studio 内で生成されたソリューション (.sln) ファイルを開きます。

 

デフォルトで Mapping.sln がソリューションファイルの名前です。生成されたコードを保存するディレクトリに相対する Mapping サブディレクトリ内にあります。 マッピング設定からアプリケーション名を変更すると、 .sln ファイルは対応して変更されます。例えば、 MyApplication にアプリケーション名を変更した場合、ソリューションファイルは MyApplication.sln と呼ばれ、 MyApplication サブディレクトリ内に存在します。

 

2.ビルド メニューから「構成を実行」をクリックします。

cg_vs_dlg_config_manager

3.必要とされるビルド構成 (デバッグ、リリース、Unicode リリース)を選択してください。 Unicode ビルドは XML と他のファイル内のフル Unicode 文字セットをサポートすることに注意してください。非-Unicode ビルドは Windows インストールのローカルコードページと作動します。

4.ビルド メニューで、 ビルドソリューションクリックします。

(C) 2020 Altova GmbH