このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

バージョン 2020 R2

 

XML スキーマラッパーライブラリのために生成されたコードは要素名前空間とプレフィックスに更なる管理能力を提供します。要素のための名前空間を宣言またはオーバーライドする、またはプレフィックスされている名前っ空間を持つ要素を追加する新しいメソッドを使用できるようになりました。Example:を参照してくださいPurchase Order

 

バージョン 2020

 

Visual Studio 2019 のための追加サポート

Visual Studio 2008 のための追加サポート

 

バージョン 2018

 

Microsoft Visual Studio 2013、2015、2017 のための追加サポート

Visual Studio 2005 と Xerces2.x のためのサポートの終了。

 

バージョン 2014

 

コジェネレーションのための互換性モードオプションの削除

 

バージョン 2011

 

バグフィックスと拡張

 

バージョン 2010 R3

 

Microsoft Visual Studio 2010 のためのサポート

生成された C++ コード内の MSXML 6.0 のためのサポート

C++ と C# プロジェクトのための 64-ビットターゲットのためのサポート

 

バージョン 2010

 

( 2007r3 テンプレートを使用して)生成されたクラス内の XML スキーマからの列挙ファセットはシンボル制約として使用できるようになりました。

 

バージョン 2009 sp1

 

Apache Xerces バージョン 3.x へのサポートが追加されました ( Xerces 2.6.x から開始する以前のバージョンもまだサポートされています)

 

バージョン 2009

 

生成されたマッピングの実装はシーケンスとグループをサポートするように再デザインされました。API は変更されていません。

 

バージョン 2008 R2

 

C# と C++ のための Visual Studio 2008 プロジェクトファイルの生成のためのサポートが追加されました。

C# と Java での生成された MapForce マッピングコードはソースとターゲットとしての リーダー/ライター、ストリーム、文字列または DOM ドキュメントを使用できます。

 

バージョン 2008

 

新規の 2007 R3-スタイル SPL テンプレートが更に拡張されました:

o単一の要素を削除するために可能になりました。

oスキーマメタデータ (例えば、要素名、ファセット、列挙、発生など) へのアクセスが提供されました。

o拡張により抽出される複合型は抽出されるクラスにより生成されます。

 

バージョン 2007 R3

 

生成されたコードの使用、コード量の削減、およびパフォーマンス向上のためにバージョン 2007 リリース 3 のためにコードジェネレーターが再デザインされました。

 

メモリのリークとマルチスレッドを有効化するための明示的なオーナーシップを持つ XML ドキュメントとノードの処理

名前の競合を回避するために新規の構文

更に簡単な使用方法と高いパフォーマンスのための新規のデータ型 (可能な箇所ではネイティブな型、新規の null 処理など。)

属性はコレクションとして生成されません

単純型要素コンテンツは一貫性のために特別の属性のように扱われるようになりました。

新規の内部オブジェクトモデル (カスタム化された SPL テンプレートのために重要です)

以前のリリースのスタイルでコードを生成するための互換性モード

型ラッパークラスは小さいコードのためのコードはオンデマンドのみで生成されます

(C) 2020 Altova GmbH