このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

このクラスにより型 xs:duration の XML 属性または要素を処理することができます。

 

コンストラクタ


名前

説明

ic_java_constructor

Duration(Duration newvalue)

引数として提供された Duration オブジェクトの Duration クラスのインスタンスを初期化します。

ic_java_constructor

Duration(int newyear, int newmonth, int newday, int newhour, int newminute, int newsecond, double newpartsecond, boolean newisnegative)

引数として適用されている部分からの期間ビルドへの Duration クラスの新規のインスタンスを初期化します。

 

メソッド


名前

説明

ic_java_public_static

static Duration getFromDayTime( int newday, int newhour, int newminute, int newsecond, double newpartsecond )

引数として提供されている日数、時間数、分数、秒数および小数の秒数からの Duration オブジェクトを返します。

ic_java_public_static

static Duration getFromYearMonth( int newyear, int newmonth )

引数として提供されている年数および月数からの Duration オブジェクトを返します。

ic_java_public_static

static Duration parse( String s )

引数として提供されている文字列からの Duration オブジェクトを返します。例えば、文字列 -P1Y1M1DT1H1M1.333S を使用して1年、1カ月、1日、1時間、1分、 0.333 小数の分を作成することができます。負の期間を作成するには、マイナスサイン ( - ) を文字列に追加してください。

ic_java_public_static

static Duration parse( String s, ParseType pt )

引数として提供されている文字列から作成されている Duration オブジェクトを指定されている解析書式を使用して返します。解析書式は以下であることができます:

ParseType.DAYTIME

以下により文字列s が構成されている場合使用される可能性があります: 日、時間、分、秒、小数の秒。例えば、 -P4DT4H4M4.774S。

ParseType.DURATION

以下により文字列s が構成されている場合使用される可能性があります: 年度、月、日、時間、分、秒、小数の秒。例えば、 P1Y1M1DT1H1M1.333S.

ParseType.YEARMONTH

文字列 s が以下により構成されている場合使用される可能性がありま: 年、月。例: P3Y2M.

ic_java_public_member

int getDay()

現在の Duration インスタンス内の日数を返します。

ic_java_public_member

long getDayTimeValue()

現在の Duration インスタンス内の(ティック)値を返します。年と月は無視されます。

ic_java_public_member

int getHour()

現在の Duration インスタンス内の時間数を返します。

ic_java_public_member

int getMillisecond()

現在の Duration インスタンス内のミリ秒数を返します。

ic_java_public_member

int getMinute()

現在の Duration インスタンス内の分数を返します。

ic_java_public_member

int getMonth()

現在の Duration インスタンス内の月数を返します。

ic_java_public_member

double getPartSecond()

現在の Duration インスタンス内の小数秒数を返します。

ic_java_public_member

int getSecond()

現在の Duration インスタンス内の秒数を返します。

ic_java_public_member

int getYear()

現在の Duration インスタンス内の年数を返します。

ic_java_public_member

int getYearMonthValue()

現在の Duration インスタンス内の(月数)値を返します。日、時、秒、ミリ秒は無視されます。

ic_java_public_member

boolean isNegative()

現在の Duration インスタンスが負の数の場合 Boolean true を返します。

ic_java_public_member

void setDayTimeValue(long l)

引数として提供されているミリ秒の数値に期間を設定します。

ic_java_public_member

void setNegative( boolean isnegative )

Duration インスタンスを負の期間に変換します。

ic_java_public_member

void setYearMonthValue(int l)

引数として提供されている月数に期間を設定します。期間の年度と月の部分のみが影響を受けます。

ic_java_public_member

String toString()

現在の Duration インスタンスの文字列表記を返します。例:

 

-P4DT4H4M4.774S

ic_java_public_member

String toYearMonthString()

現在の Duration インスタンスの YearMonth 部分の文字列表記を返します。例:

 

P1Y2M

 

サンプル

プログラム内の次のコードリスティングを使用する前に Altova 型がインポートされていることを確認してください:

 

import com.altova.types.*;
import com.altova.types.Duration.ParseType;

 

次のコードリスティングは Duration オブジェクトの作成方法を説明しています:

 

protected static void ExampleDuration()
{
  // Create a negative duration of 1 year, 1 month, 1 day, 1 hour, 1 minute, 1 second,
  // and 0.333 fractional second parts
  Duration dr = new Duration(1, 1, 1, 1, 1, 1, .333, true);
     
  // Create a duration from an existing Duration object
  Duration dr1 = new Duration(dr);
     
  // Create a duration of 4 days, 4 hours, 4 minutes, 4 seconds, .774 fractional second parts
  Duration dr2 = Duration.getFromDayTime(4, 4, 4, 4, .774);
     
  // Create a duration of 3 years and 2 months
  Duration dr3 = Duration.getFromYearMonth(3, 2);
     
  // Create a duration from a string
  Duration dr4 = Duration.parse("-P4DT4H4M4.774S");      
     
  // Create a duration from a string, using specific parse formats
  Duration dr5 = Duration.parse("-P1Y1M1DT1H1M1.333S", ParseType.DURATION);
  Duration dr6 = Duration.parse("P3Y2M", ParseType.YEARMONTH);
  Duration dr7 = Duration.parse("-P4DT4H4M4.774S", ParseType.DAYTIME);
}

 

次のコードリスティングは Duration オブジェクトの値の取得と設定を説明しています:

 

protected static void DurationExample2()
{
  // Create a duration of 1 year, 2 month, 3 days, 4 hours, 5 minutes, 6 seconds,
      // and 333 milliseconds
  Duration dr = new Duration(1, 2, 3, 4, 5, 6, .333, false);
  // Output the number of days in this duration
  System.out.println(dr.getDay());
     
  // Create a positive duration of one year and 333 milliseconds
  Duration dr1 = new Duration(1, 0, 0, 0, 0, 0, .333, false);
  // Output the day and time value in milliseconds
  System.out.println(dr1.getDayTimeValue());
     
  // Create a positive duration of 1 year, 1 month, 1 day, 1 hour, 1 minute, 1 second,
      // and 333 milliseconds
  Duration dr2 = new Duration(1, 1, 1, 1, 1, 1, .333, false);
  // Output the year and month value in months
  System.out.println(dr2.getYearMonthValue());
           
  // Create a positive duration of 1 year and 1 month
  Duration dr3 = new Duration(1, 1, 0, 0, 0, 0, 0, false);
  // Output the value
  System.out.println("The duration is now: " + dr3.toString());
  // Set the DayTime part of duration to 1000 milliseconds
  dr3.setDayTimeValue(1000);
  // Output the value
  System.out.println("The duration is now: " + dr3.toString());
  // Set the YearMonth part of duration to 1 month
  dr3.setYearMonthValue(1);
  // Output the value
  System.out.println("The duration is now: " + dr3.toString());
  // Output the year and month part of the duration
  System.out.println("The YearMonth part of the duration is: " + dr3.toYearMonthString());
}

(C) 2020 Altova GmbH