このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

このクラスにより xs:dateTime などの日付けと時間の型を持つ XML 属性または要素を処理することができます。

 

コンストラクタ


名前

説明

ic_java_constructor

public DateTime()

DateTime クラスの新規のインスタンスを空の値にインスタンス化します。

ic_java_constructor

public DateTime(DateTime newvalue)

DateTime クラスの新規のインスタンスを DateTime 値にインスタンス化します。

ic_java_constructor

public DateTime(int newyear, int newmonth, int newday, int newhour, int newminute, int newsecond, double newpartsecond, int newoffsetTZ)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている年、月、日、時、分、秒、およびタイムゾーンに初期化します。秒数 newpartsecond の小数部分は 0 と 1 の間である必要があります。タイムゾーンオフセット newoffsetTZ は正の数または負の数であることができ、分数で表示されます。

ic_java_constructor

public DateTime(int newyear, int newmonth, int newday, int newhour, int newminute, int newsecond, double newpartsecond)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている年、月、日、時、分、秒、および秒の小数の部分に初期化します。

ic_java_constructor

public DateTime(int newyear, int newmonth, int newday)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている年、月、日に初期化します。

ic_java_constructor

public DateTime(Calendar newvalue)

DateTime クラスの新規のインスタンスを java.util.Calendar 値にインスタンス化します。

 

メソッド


名前

説明

ic_java_public_static

static DateTime now()

DateTime オブジェクトとして現在の時刻を返します。

ic_java_public_static

static DateTime parse(String s)

引数として提供されている文字列の値からの DateTime オブジェクトを返します。例えば、次のサンプル文字列の値は DateTime オブジェクトへのされます:

 

2015-11-24T12:54:47.969+01:00

2015-11-24T12:54:47

2015-11-24

ic_java_public_member

int getDay()

現在の DateTime インスタンスの日数を返します。

ic_java_public_member

int getHour()

現在の DateTime インスタンスの時間を返します。

ic_java_public_member

int getMillisecond()

現在の DateTime インスタンスのミリ秒を正数の値として返します。

ic_java_public_member

int getMinute()

現在の DateTime インスタンスの分数を返します。

ic_java_public_member

int getMonth()

現在の DateTime インスタンスの月数を返します。

ic_java_public_member

double getPartSecond()

現在の DateTime インスタンスの秒の小数の部分を double 値として返します。戻り値はゼロより大きく1よりも小さい値です。例:

 

0.313

ic_java_public_member

int getSecond()

現在の DateTime インスタンスの秒数を返します。

ic_java_public_member

int getTimezoneOffset()

現在の DateTime インスタンスのタイムゾーンオフセットを分数で返します。例えば、タイムゾーン "UTC-01:00" は "-60" として表示されます。

 

-60

ic_java_public_member

Calendar getValue()

現在の DateTime インスタンスを java.util.Calendar 値として返します。

ic_java_public_member

int getWeekday()

現在の DateTime インスタンスの週の日を返します。戻り値は 0 から 6 の範囲です。 0 は月曜を指します (ISO-8601)。

ic_java_public_member

int getYear()

現在の DateTime インスタンスの年数を返します。

ic_java_public_member

int hasTimezone()

現在の DateTime インスタンスのタイムゾーンの情報を返します。可能な値:

CalendarBase.TZ_MISSING

タイムゾーンのオフセットは定義されていません。

CalendarBase.TZ_UTC

タイムゾーンは UTC です。

CalendarBase.TZ_OFFSET

タイムゾーンのオフセットは定義されていません。

ic_java_public_member

void setDay( int nDay )

現在の DateTime インスタンスの日を引数として提供されている値に設定します。

ic_java_public_member

void setHasTimezone( int nHasTZ )

現在の DateTime インスタンスのタイムゾーンの情報を引数として提供されている値に設定します。このメソッドはタイムゾーンの情報を削除、または UTC (世界協定時刻)にタイムゾーンを設定するために使用されます。nHasTZ 引数のための値:

CalendarBase.TZ_MISSING

タイムゾーンオフセットを未定義に設定します。

CalendarBase.TZ_UTC

タイムゾーンを UTC に設定します。

CalendarBase.TZ_OFFSET

現在のオブジェクトにタイムゾーンオフセットが存在しない場合、そのままにしてください。

ic_java_public_member

void setHour( int nHour )

現在の DateTime インスタンスの時刻を引数として提供されている値に設定します。

ic_java_public_member

void setMinute( int nMinute )

現在の DateTime インスタンスの分数を引数として提供されている値に設定します。

ic_java_public_member

void setMonth( int nMonth )

現在の DateTime インスタンスの月数を引数として提供されている値に設定します。

ic_java_public_member

void setPartSecond( double nPartSecond )

現在の DateTime インスタンスのタイムゾーンの秒の小数の部分を引数として提供されている値に設定します。

ic_java_public_member

void setSecond( int nSecond )

現在の DateTime インスタンスの秒数を引数として提供されている値に設定します。

ic_java_public_member

void setTimezoneOffset( int nOffsetTZ )

現在の DateTime インスタンスのタイムゾーンオフセットを引数として提供されている値に設定します。nOffsetTZ の値は整数 (正数または負数) で、分数で表示されている必要があります。

ic_java_public_member

void setYear( int nYear )

現在の DateTime インスタンスの年数を引数として提供されている値に設定します。

ic_java_public_member

String toString()

現在の DateTime インスタンスの文字列表記を返します。例:

 

2015-11-24T15:50:56.968+01:00

 

サンプル

プログラム内の次のコードリスティングを使用する前に Altova 型がインポートされていることを確認してください:

 

import com.altova.types.*;

 

次のコードリスティングはDateTime オブジェクトの作成方法を説明しています:

 

protected static void DateTimeExample1()
{
  // Initialize a new instance of the DateTime class to the current time
  DateTime dt = new DateTime(DateTime.now());
  System.out.println("DateTime created from current date and time: " + dt.toString());
     
  // Initialize a new instance of the DateTime class by supplying the parts
  DateTime dt1 = new DateTime(2015, 11, 23, 14, 30, 24, .459);
  System.out.println("DateTime from parts (no timezone): " + dt1.toString());
 
  // Initialize a new instance of the DateTime class by supplying the parts
  DateTime dt2 = new DateTime(2015, 11, 24, 14, 30, 24, .459, -60);
  System.out.println("DateTime from parts (with negative timezone): " + dt2.toString());
     
  // Initialize a new instance of the DateTime class by parsing a string value         DateTime dt3 = DateTime.parse("2015-11-24T12:54:47.969+01:00");            
  System.out.println("DateTime parsed from string: " + dt3.toString());        
}      

 

次のコードリスティングはDateTime オブジェクトから値を取得する説明をしています:

 

protected static void DateTimeExample2()
  {
    // Initialize a new instance of the DateTime class to the current time
    DateTime dt = new DateTime(DateTime.now());
       
    // Output the formatted year, month, and day of this DateTime instance
    String str1 = String.format("Year: %d; Month: %d; Day: %d;", dt.getYear(), dt.getMonth(), dt.getDay());
    System.out.println(str1);
       
    // Output the formatted hour, minute, and second of this DateTime instance
    String str2 = String.format("Hour: %d; Minute: %d; Second: %d;", dt.getHour(), dt.getMinute(), dt.getSecond());
    System.out.println(str2);
       
    // Return the timezone (in minutes) of this DateTime instance
    System.out.println("Timezone: " + dt.getTimezoneOffset());
       
    // Get the DateTime as a java.util.Calendar value
    java.util.Calendar dt_java = dt.getValue();
    System.out.println("" + dt_java.toString());
       
    // Return the day of week of this DateTime instance
    System.out.println("Weekday: " + dt.getWeekday());        
     
    // Check whether the DateTime instance has a timezone defined
    switch(dt.hasTimezone())
    {
        case CalendarBase.TZ_MISSING:
          System.out.println("No timezone.");
          break;
        case CalendarBase.TZ_UTC:            
          System.out.println("The timezone is UTC.");
          break;
        case CalendarBase.TZ_OFFSET:
          System.out.println("This object has a timezone.");
          break;
        default:
          System.out.println("Unable to determine whether a timezone is defined.");
          break;
    }      
  }

 

以下のコードリスティングは DateTime オブジェクトのタイムゾーンオフセットの変更を説明しています:

 

protected static void DateTimeExample3()
{      
  // Create a new DateTime object with timezone -0100 UTC
  DateTime dt = new DateTime(2015, 11, 24, 14, 30, 24, .459, -60);
  // Output the value before the change
  System.out.println("Before: " + dt.toString());
  // Change the offset to +0100 UTC
  dt.setTimezoneOffset(60);            
  // Output the value after the change
  System.out.println("After:  " + dt.toString());
}

(C) 2020 Altova GmbH