このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

このクラスにより型 xs:duration の XML 属性または要素を処理することができます。

 

コンストラクタ


名前

説明

ic_method

Duration(Duration obj)

引数として提供された Duration オブジェクトの Duration クラスのインスタンスを初期化します。

ic_method

Duration(System.TimeSpan newvalue)

引数として提供された System.TimeSpan オブジェクトの Duration クラスのインスタンスを初期化します。

ic_method

Duration(long ticks)

引数として提供されたティックの数量の Duration クラスの新規のインスタンスを初期化します。

ic_method

Duration(int newyears, int newmonths, int days, int hours, int minutes, int seconds, double partseconds, bool bnegative)

引数として適用されている部分からの期間ビルドへの Duration クラスの新規のインスタンスを初期化します。

 

プロパティ


名前

説明

ic_property

int Months

Duration の現在のインスタンス内の月数を返します。

ic_property

System.TimeSpan Value

(System.TimeSpan として) Duration の現在のインスタンスの値を設定または取得します。

ic_property

int Years

現在の Duration の現在のインスタンス内の年数を取得または設定します。

 

メソッド


名前

説明

ic_method

override bool Equals(object other)

指定されているオブジェクトが現在のオブジェクトと等しい場合 true を返し、それ以外の場合は false を返します。

ic_method

override int GetHashCode()

現在のインスタンスのハッシュコードを返します。

ic_method

bool IsNegative()

Duration の現在のインスタンスが負の期間を表す場合 true を返します。

ic_method

static Duration Parse( string s, ParseType pt )

引数として与えられた解析型を使用して引数として与えられた文字列から Altova.Types.Duration オブジェクトを返します。有効な解析型の値:

DURATION

年、月、日および期間の部分が存在することが仮定され、期間が解析されます。

YEARMONTH

年、月の部分のみが存在することが仮定され、期間が解析されます。

DAYTIME

日と時刻の部分のみが存在することが仮定され、期間が解析されます。

 

このメソッドは静的でクラスのインスタンスではなく クラス自身に対してのみ呼び出されます。

ic_method

override string ToString()

Duration インスタンスを文字列に変換します。例えば3時間4分5秒の期間は "PT3H4M5S" に変換されます。

ic_method

string ToYearMonthString()

"Year and Month" 解析型を使用して現在の Duration インスタンスを文字列に変換します。

 

演算子

名前

説明

!=

Duration a が Duration b と等しくないかチェックします。

==

Duration a が Duration b と等しいかチェックします。

 

サンプル

プログラム内の次のコードリスティングを使用する前に Altova 型がインポートされていることを確認してください:

 

using Altova.Types;

 

次のコードリスティングは Duration オブジェクトの作成方法を説明しています:

 

protected static void DurationExample1()
{
  // Create a new time span of 3 hours, 4 minutes, and 5 seconds
  System.TimeSpan ts = new TimeSpan(3, 4, 5);
  // Create a Duration from the time span
  Duration dr = new Duration(ts);
  // The output is: PT3H4M5S
  Console.WriteLine("Duration created from TimeSpan: " + dr.ToString());
 
  // Create a negative Altova.Types.Duration from 6 years, 5 months, 4 days, 3 hours,
      // 2 minutes, 1 second, and .33 of a second
  Duration dr1 = new Duration(6, 5, 4, 3, 2, 1, .33, true);
  // The output is: -P6Y5M4DT3H2M1.33S
  Console.WriteLine("Duration created from parts: " + dr1.ToString());
 
  // Create a Duration from a string using the DAYTIME parse type
  Duration dr2 = Altova.Types.Duration.Parse("-P4DT3H2M1S", Duration.ParseType.DAYTIME);
  // The output is -P4DT3H2M1S
  Console.WriteLine("Duration created from string: " + dr2.ToString());
 
  // Create a duration from ticks            
  Duration dr3 = new Duration(System.DateTime.UtcNow.Ticks);
  // Output the result
  Console.WriteLine("Duration created from ticks: " + dr3.ToString());
}

 

次のコードリスティングは Duration オブジェクトから値を取得する説明をしています:

 

protected static void DurationExample2()
{
  // Create a negative Altova.Types.Duration from 6 years, 5 months, 4 days, 3 hours,
      // 2 minutes, 1 second, and .33 of a second
  Duration dr = new Duration(6, 5, 4, 3, 2, 1, .33, true);
  // The output is: -P6Y5M4DT3H2M1.33S
  Console.WriteLine("The complete duration is: " + dr.ToString());
 
  // Get only the year and month part as string
  string dr1 = dr.ToYearMonthString();
  Console.WriteLine("The YEARMONTH part is: " + dr1);
 
  // Get the number of years in duration
  Console.WriteLine("Years: " + dr.Years);
 
  // Get the number of months in duration
  Console.WriteLine("Months: " + dr.Months);
}

(C) 2020 Altova GmbH