このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

このクラスにより xs:dateTime などの日付けと時間の型を持つ XML 属性または要素を処理することができます。

 

コンストラクタ


名前

説明

ic_method

DateTime(DateTime obj)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている DateTime オブジェクトにインスタンス化します。

ic_method

DateTime(System.DateTime newvalue)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている System.DateTime オブジェクトにインスタンス化します。

ic_method

DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, double second, int offsetTZ)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている年、月、日、時、分、秒、およびタイムゾーンオフセットに初期化します。

ic_method

DateTime(int year, int month, int day, int hour, int minute, double second)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている年、月、日、時、分、秒に初期化します。

ic_method

DateTime(int year, int month, int day)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている年、月、日に初期化します。

 

プロパティ


名前

説明

ic_property

bool HasTimezone

DateTime にタイムゾーンが存在するかを示す Boolean の値を取得します。

ic_property

static DateTime Now

使用中のコンピューターの現在の日時に設定されている DateTime オブジェクトを取得します。

ic_property

short TimezoneOffset

現在の DateTime オブジェクトのタイムゾーンオフセットを分数で取得します。

ic_property

System.DateTime Value

System.DateTime 値として DateTime オブジェクトの値を取得または設定します。

 

メソッド


名前

説明

ic_method

int CompareTo(object obj)

DateTime クラスは Icomparable インターフェイスを実装します。このメソッドは DateTime の現在のインスタンスを他のオブジェクトと比較し、現在のインスタンスが他のオブジェクトと同様の並べ替え順序と比較して前、後ろ、または同じ個所に存在するか確認します。 https://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.icomparable.compareto(v=vs.110).aspx も参照してください。

ic_method

override bool Equals(object obj)

指定されているオブジェクトが現在のオブジェクトと等しい場合 true を返し、それ以外の場合は false を返します。

ic_method

System.DateTime GetDateTime(bool correctTZ)

現在の Altova.Types.DateTime インスタンスから System.DateTime オブジェクトを返します。correctTZ Boolean 引数は返されたオブジェクトの時刻が現在の Altova.Types.DateTime インスタンスのタイムゾーンに調整される必要があるかを指定します。

ic_method

override int GetHashCode()

現在のインスタンスのハッシュコードを返します。

ic_method

int GetWeekOfMonth()

月の週数を整数として返します。

ic_method

static DateTime Parse( string s )

引数として提供されている文字列の値からの DateTime オブジェクトを作成します。例えば、次のサンプル文字列の値は DateTime オブジェクトへのされます:

 

2015-01-01T23:23:23

2015-01-01

2015-11

23:23:23

 

文字列を DateTime オブジェクトに変換出来ない場合例外が挙げられます。

 
このメソッドは静的でクラスのインスタンスではなく Altova.Types.DateTime クラス自身に対してのみ呼び出されます。

ic_method

static DateTime Parse(string s, DateTimeFormat format)

引数として提供されている書式を使用し文字列からの DateTime オブジェクトを作成します。使用可能な書式のリストに関しては以下を参照してください: Altova.Types.DateTimeFormat

 

DateTime オブジェクトに変換できない場合例外が挙げられます。

 
このメソッドは静的でクラスのインスタンスではなく Altova.Types.DateTime クラス自身に対してのみ呼び出されます。

ic_method

override string ToString()

DateTime オブジェクトを文字列に変換します。

ic_method

string ToString(DateTimeFormat format)

引数として提供されている書式を使用し文字列からの DateTime オブジェクトを変換します。使用可能な書式のリストに関しては以下を参照してください: Altova.Types.DateTimeFormat

 

演算子

名前

説明

!=

DateTime a が DateTime b と等しくないかチェックします。

<

DateTime a が DateTime b より小さいかチェックします。

<=

DateTime a が DateTime b より小か等しいかチェックします。

==

DateTime a が DateTime b と等しいかチェックします。

>

DateTime a が DateTime b より大きいかチェックします。

>=

DateTime a が DateTime b より大きい、または等しいかチェックします。

 

サンプル

プログラム内の次のコードリスティングを使用する前に Altova 型がインポートされていることを確認してください:

 

using Altova.Types;

 

次のコードリスティングはDateTime オブジェクトの作成方法を説明しています:

 

protected static void DateTimeExample1()
{
  // Create a DateTime object from the current system time
  Altova.Types.DateTime dt = new Altova.Types.DateTime(System.DateTime.Now);
  Console.WriteLine("The current time is: " + dt.ToString());
           
  // Create an Altova DateTime object from parts (no timezone)
  Altova.Types.DateTime dt1 = new Altova.Types.DateTime(2015, 10, 12, 10, 50, 33);
  Console.WriteLine("My custom time is : " + dt1.ToString());
 
  // Create an Altova DateTime object from parts (with UTC+60 minutes timezone)
  Altova.Types.DateTime dt2 = new Altova.Types.DateTime(2015, 10, 12, 10, 50, 33, 60);
  Console.WriteLine("My custom time with timezone is : " + dt2.ToString());
 
  // Create an Altova DateTime object by parsing a string
  Altova.Types.DateTime dt3 = Altova.Types.DateTime.Parse("2015-01-01T23:23:23");
  Console.WriteLine("Time created from string: " + dt3.ToString());
 
  // Create an Altova DateTime object by parsing a string formatted as schema date
  Altova.Types.DateTime dt4 = Altova.Types.DateTime.Parse("2015-01-01", DateTimeFormat.W3_date);
  Console.WriteLine("Time created from string formatted as schema date: " + dt4.ToString());
}

 

次のコードリスティングはDateTime オブジェクトの書式設定を説明しています:

 

protected static void DateTimeExample2()
{
  // Create a DateTime object from the current system time
  Altova.Types.DateTime dt = new Altova.Types.DateTime(System.DateTime.Now);
 
  // Output the unformatted DateTime
  Console.WriteLine("Unformatted time: " + dt.ToString());
 
  // Output this DateTime formatted using various formats
  Console.WriteLine("S_DateTime:       " + dt.ToString(DateTimeFormat.S_DateTime));
  Console.WriteLine("S_Days:           " + dt.ToString(DateTimeFormat.S_Days));
  Console.WriteLine("S_Seconds:        " + dt.ToString(DateTimeFormat.S_Seconds));
  Console.WriteLine("W3_date:          " + dt.ToString(DateTimeFormat.W3_date));
  Console.WriteLine("W3_dateTime:      " + dt.ToString(DateTimeFormat.W3_dateTime));
  Console.WriteLine("W3_gDay:          " + dt.ToString(DateTimeFormat.W3_gDay));
  Console.WriteLine("W3_gMonth:        " + dt.ToString(DateTimeFormat.W3_gMonth));
  Console.WriteLine("W3_gMonthDay:     " + dt.ToString(DateTimeFormat.W3_gMonthDay));
  Console.WriteLine("W3_gYear:         " + dt.ToString(DateTimeFormat.W3_gYear));
  Console.WriteLine("W3_gYearMonth:    " + dt.ToString(DateTimeFormat.W3_gYearMonth));
  Console.WriteLine("W3_time:          " + dt.ToString(DateTimeFormat.W3_time));
}

(C) 2020 Altova GmbH