このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

コードが XML スキーマから生成されている場合、このようなクラスは型の各メンバー要素のために作成されます。下の説明では "MemberType" はメンバー要素の名前自身を意味します。

 

メソッド

名前

説明

Iterator<MemberType> all()

メンバー要素の反復インスタンスのためのオブジェクトを返します。

MemberType append()

新規の要素を作成し、親に追加します。

MemberType appendWithPrefix(string_type prefix)

引数として提供されているプレフィックスを持つ新規の要素を作成し、親として追加します。例えば、 例:Purchase Order を参照してください。。

unsigned int count()

要素のカウントを返します。

int GetEnumerationValue()

列挙型のみのために生成されます。可能な値のために生成された定数の一つを返します。または、値がスキーマ内で列挙した値に一致しない場合無効 を返します。

bool exists()

要素が少なくとも1つ存在する場合 true を返します。

MemberType first()

メンバー要素の最初のインスタンスを返します。

MemberType operator[](unsigned int index)

インデックスにより指定されているメンバー要素を返します。

altova::meta::Element info()

スキーマ情報をクエリするためのオブジェクトを返します ( altova::meta::Elementを参照してください)。

MemberType last()

メンバー要素の最後のインスタンスを返します。

void remove()

親からの要素のすべての発生を削除します。

void removeAt(unsigned int index)

インデックスにより指定されている要素の発生を削除します。

void SetEnumerationValue(int)

列挙型のみのために生成されます。値を設定するためのこのメソッドの可能な値のために生成された定数の一つをパスします。

(C) 2020 Altova GmbH