このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Enterprise Edition

このクラスにより xs:dateTime などの日付けと時間の型を持つ XML 属性または要素を処理することができます。

 

コンストラクタ

名前

説明

DateTime()

DateTime クラスの新規のインスタンスを 12:00:00 深夜、 0001 年1月 1 日に初期化します。

DateTime(__int64 value, short timezone)

DateTime クラスの新規のインスタンスを 初期化します。value パラメーターは 0001 年 1 月 1 日、12:00:00 深夜から開始した (100-ナノ秒間隔) ティックの数値を表しています。

DateTime(int year, unsigned char month, unsigned char day, unsigned char hour, unsigned char minute, double second)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている年、月、日、時、分、秒に初期化します。

 

DateTime(int year, unsigned char month, unsigned char day, unsigned char hour, unsigned char minute, double second, short timezone)

DateTime クラスの新規のインスタンスを引数として提供されている年、月、日、時、分、秒、およびタイムゾーンに初期化します。タイムゾーンは分数で表示され、正数または負数であることができます。例えば、タイムゾーン "UTC-01:00” は "-60" として表示されます。

 

 

メソッド

名前

説明

unsigned char Day() const

現在の DateTime オブジェクトの月の日付を返します。戻り値は 1 から 31 の範囲です。

int DayOfYear() const

現在の DateTime オブジェクトの年の日付を返します。戻り値は 1 から 366 の範囲です。

bool HasTimezone() const

現在のDateTime オブジェクトに定義されたタイムゾーンが存在する場合 Boolean true を返します。それ以外の場合 false を返します。

unsigned char Hour() const

現在の DateTime オブジェクトの時間を返します。戻り値は 0 から 23 の範囲です。

static bool IsLeapYear(int year)

現在のDateTime クラスがうるう年の場合、true を返します。それ以外の場合 false を返します。

unsigned char Minute() const

現在の DateTime オブジェクトの分数を返します。戻り値は 0 から 59 の範囲です。

unsigned char Month() const

現在の DateTime オブジェクトの月数を返します。戻り値は 1 から 12 の範囲です。

__int64 NormalizedValue() const

世界協定時刻 (UTC) により表示されている DateTime オブジェクトの値を返します。

double Second() const

現在の DateTime オブジェクトの秒数を返します。戻り値は 0 から 59 の範囲です。

void SetTimezone(short tz)

現在の DateTime オブジェクトのタイムゾーンを引数として提供されているタイムゾーンの値に設定します。tz 引数は分数で表示され、正数または負数であることができます。

short Timezone() const

現在の DateTime オブジェクトのタイムゾーンを分数で返します。このメソッドの使用前に HasTimezone() メソッドを呼び出してオブジェクトにタイムゾーンが存在することを確認してください。

__int64 Value() const

0001 年 1 月 1 日、12:00:00 深夜から開始した (100-ナノ秒間隔) ティックの数値で示されている DateTime オブジェクトの値を返します。

int Weekday() const

現在の DateTime オブジェクトの週の日を正数で返します。戻り値は 0 から 6 の範囲です。 0 は月曜を指します (ISO-8601)。

int Weeknumber() const

現在の DateTime オブジェクトの年数内の週数を返します。返される値は ISO-8601 に従っています。

int WeekOfMonth() const

現在の DateTime オブジェクトの月数内の週数を返します。返される値は ISO-8601 に従っています。

int Year() const

現在の DateTime オブジェクトの年度を返します。

 

サンプル

void Example()
{
  // initialize a new DateTime instance to 12:00:00 midnight, January 1st, 0001
  altova::DateTime dt1 = altova::DateTime();
 
  // initialize a new DateTime instance using the year, month, day, hour, minute, and second
  altova::DateTime dt2 = altova::DateTime(2015, 11, 10, 9, 8, 7);
 
  // initialize a new DateTime instance using the year, month, day, hour, minute, second, and UTC +01:00 timezone
  altova::DateTime dt = altova::DateTime(2015, 11, 22, 13, 53, 7, 60);
   
  // Get the value of this DateTime object
  std::cout << "The number of ticks of the DateTime object is: " << dt.Value() << std::endl;
 
  // Get the year
  cout << "The year is: " << dt.Year() << endl;
  // Get the month  
  cout << "The month is: " << (int)dt.Month() << endl;
  // Get the day of the month
  cout << "The day of the month is: " << (int) dt.Day() << endl;
  // Get the day of the year
  cout << "The day of the year is: " << dt.DayOfYear() << endl;
  // Get the hour
  cout << "The hour is: " << (int) dt.Hour() << endl;
  // Get the minute
  cout << "The minute is: " << (int) dt.Minute() << endl;
  // Get the second
  cout << "The second is: " << dt.Second() << endl;
  // Get the weekday
  cout << "The weekday is: " << dt.Weekday() << endl;
  // Get the week number
  cout << "The week of year is: " << dt.Weeknumber() << endl;
  // Get the week in month
  cout << "The week of month is: " << dt.WeekOfMonth() << endl;
 
  // Check whether a DateTime instance has a timezone
  if (dt.HasTimezone() == TRUE)
  {      
    // output the value of the Timezone
    cout << "The timezone is: " << dt.Timezone() << endl;
  }
  else
  {
    cout << "No timezone has been defined." << endl;
  }
 
  // Construct a DateTime object with a timezone UTC+01:00 (Vienna)
  altova::DateTime vienna_dt = DateTime(2015, 11, 23, 14, 30, 59, +60);
  // Output the result in readable format
  cout << "The Vienna time: "
      << (int) vienna_dt.Month()
      << "-" << (int) vienna_dt.Day()
      << " " << (int) vienna_dt.Hour()
      << ":" << (int) vienna_dt.Minute()
      << ":" << (int) vienna_dt.Second()
      << endl;
 
  // Convert the value to UTC time
  DateTime utc_dt = DateTime(vienna_dt.NormalizedValue());
  // Output the result in readable format
  cout << "The UTC time:    "
    << (int) utc_dt.Month()
    << "-" << (int) utc_dt.Day()
    << " " << (int) utc_dt.Hour()
    << ":" << (int) utc_dt.Minute()
    << ":" << (int) utc_dt.Second()
    << endl;
 
  // Check if a year is a leap year
  int year = 2016;
  if( altova::DateTime::IsLeapYear(year) )
  { cout << year << " is a leap year" << endl; }
  else
  { cout << year << " is not a leap year" << endl; }  
}

(C) 2020 Altova GmbH