マッピング接続の種類

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マッピングのデザイン >

マッピング接続の種類

マッピング接続を作成すると、オプションで接続(子アイテムを持つソースとターゲットアイテム)の種類を以下から選択することができます。

 

ターゲット優先 (標準)
ソース優先 (混合コンテンツ)
全てコピー(子アイテムのコピー)

 

接続の種類はマッピングにより生成された出力内の子アイテムのシーケンスを決定します。このセクションは各接続の種類と役に立つシナリオについての情報を提供します。


(C) 2019 Altova GmbH