このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MapForce 2020 Basic Edition

関数

カスタム XQuery 1.0 関数をインポートする

スクロール ホーム トップ その他

XQuery がマッピングの変換言語として選択されている場合、 MapForce は、 XQuery のために使用することのできるビルトイン関数ライブラリをライブラリウィンドウ内に表示します。必要であれば、このリストを XQuery 関数を使用して、カスタム XQuery 1.0 ライブラリモジュールを  MapForce にインポートして拡張することができます

 

MapForce にインポートするためには、 XQuery ファイルは以下の条件を満たす必要があります:

 

XQuery 仕様に従う有効なライブラリモジュールである必要があります。すなわち、 module namespace <prefix>="<namespace name"などのモジュール宣言と共に開始する必要があります。

インポートされたライブラリモジュール内で宣言された全ての関数は、動的なデータ型を返す必要があります (例えば、 xs:string, xs:boolean, xs:integer など)。 関数パラメーターも動的な型を有する必要があります。

 

XQuery ライブラリモジュールをインポートする:

1.「ツール」 メニューから「オプション」をクリックします (または、ライブラリウィンドウの下のエリアの「ライブラリの追加/削除」をクリックします)

2. 「ライブラリ」 の横から、 「追加」 をクリックして、 .xq または .xquery ライブラリファイルを参照します。

 

インポートされた ライブラリモジュールがサポートされていない場合、メッセージボックスがプロンプトします。それ以外の場合、インポートされた ライブラリモジュールは、ライブラリウィンドウに表示されます。特定の関数をマッピングエリアにドラッグして、他の MapForce 関数コンポーネントと同様に使用します。

 

インポートされた XQuery がライブラリモジュールに表示されない場合、XQuery が変換言語として選択されていることを確認してください (次を参照してください:変換言語の選択)。

 

 

以下も参照:
XQuery エンジンの実装

(C) 2019 Altova GmbH