XML コンポーネント設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データソースとターゲット > XML と XML スキーマ >

XML コンポーネント設定

マッピングエリアに XML コンポーネントを追加した後、コンポーネント設定ダイアログボックスから適用することのできる設定を構成することができます。コンポーネント設定 ダイアログボックスを以下の方法で開くことができます:

 

マッピング上のコンポーネントを選択し、 「コンポーネント」 メニューから「プロパティ」をクリックします。
コンポーネントヘッダーをダブルクリックします。
コンポーネントヘッダーを右クリックして、 「プロパティ」をクリックします。

dlg_xml_comp_settings_basic

XML コンポーネント設定 ダイアログボックス

使用することのできる設定は、以下のとおりです.

 

コンポーネント名

コンポーネント名はコンポーネントを作成する際に自動的に生成されます。ですが、後に名前を変更することが可能です。

 

コンポーネント名が自動的に生成され、インスタンスファイルをその後に選択した場合、コンポーネント名もオプションで更新するように MapForce は、プロンプトします。

 

コンポーネント名 はスペース (例: "ソース XML ファイル") またフルストップ文字も含むことができます (例: "Orders.EDI")。 コンポーネント名は、スラッシュ、バックスラッシュ、コロン、二重引用符、行頭および末尾スペースを含んではなりません。 全般的に、コンポーネントの名前を変更するさいの以下の影響を考慮してください:

 

マッピングを FlowForce Server にデプロイする場合、コンポーネント名は一意である必要があります。
コマンドラインに入力できる文字のみを使用することが奨励されます。コマンドラインと Windows 内では、それぞれの文字で異なったエンコードを使用する場合があります。

スキーマファイル

MapForce によりデータを検証とマップするために使用された XML スキーマファイルの名前とパスを指定します。

 

スキーマファイルを変更するには、「参照」 をクリックして、 新しいファイルを選択します。XMLSpy 内のファイルを編集するには、 「編集」 をクリックします。

入力 XML ファイル

MapForce がデータを読み込む XML インスタンスファイルを指定します。このフィールドはソースコンポーネントにとり重要で、最初にコンポーネントを作成した際に入力され、 XML インスタンスファイルに割り当てられます。

 

ソースコンポーネント内で、 インスタンスファイル名は XML ルート要素とレファレンススキーマを検出するため、また選択されたスキーマに対して検証するために使用されます。

 

ファイルのロケーションを変更するには、 「参照」 新しいファイルを選択します。XMLSpy 内のファイルを編集するには、 「編集」 をクリックします。

出力 XML ファイル

MapForce がデータを書き込む XML インスタンスファイルを指定します。このフィールドはターゲットコンポーネントにとり重要です。

 

ファイルのロケーションを変更するには、 「参照」 をクリックして、新しいファイルを選択します。XMLSpy 内のファイルを編集するには、 「編集」 をクリックします。

ターゲット 名前空間のためのプレフィックス

ターゲット名前空間のためにプレフィックスを入力することを許可します。プレフィックスを割り当てる前に、ターゲットスキーマ内でターゲット名前空間が定義されている必要があります。

スキーマ/DTD レファレンスの追加

参照された XML スキーマファイルを XML 出力のルート要素に対してパスを追加します。このフィールドに入力されたスキーマのパスは、 xsi:schemaLocation 属性または DTD が使用される場合、DOCTYPE 宣言 内の生成されたターゲットインスタンスファイルに書き込まれます。

 

このフィールドにパスを入力することにより、 XML インスタンスファイルにより参照されたスキーマファイルがどの箇所に位置するかを決定することができます。これにより、マッピングが実行される際、出力インスタンスがマッピングのデスティネーションで検証されることを保証できます。また、 http://アドレスや絶対及び相対パスをこのフィールドに入力することもできます。

 

このオプションを無効化することにより、XML インスタンス を参照された XML スキーマ または DTD から、切り離すことができます(例: 結果する XML 出力を基となる XML スキーマを持たない相手に送信する場合など)。

XML 宣言の書き込み

このオプションにより生成された出力から XML 宣言 を表示しないようにすることができます。デフォルトでは、 オプションが有効化されていると、 XML 宣言 が出力に表示されます。

 

この機能は MapForce ターゲット 言語と実行エンジンでサポートされています。

 

ターゲット言語 / 実行エンジン

出力がファイルの場合

出力が文字列の場合

XSLT, XQuery

はい

いいえ

 

ターゲット型に値をキャストする

Aターゲット XML スキー型がマッピングで使用されるかを定義します。またはターゲットコンポーネントにマップされる全てのデータがの文字列値として扱われるかを定義します。デフォルトでは、 この設定 が有効化されています。

 

このオプションを無効化することにより、正確なフォーマットの値を保持することができます。例: これは、数値内で特定の小数点を必要とするスキーマ内のパターンファセットを満足させるためにの場合役にたちます。

 

マッピング関数を使用して、数値を文字列として必要とされるフォーマット内で使用し、この文字列をターゲットにマップすることができます。

 

このオプションを無効化にすると、無効な値の検出も無効化されます。例:数値フィールドに文字が入力された場合。

整形出力

出力 XML ドキュメントに構造化された外見を与えるために整形出力します。それぞれの子ノードは、単一タブ文字のそれぞれの親のオフセットです。

出力エンコード

出力インスタンスファイルの次の設定を指定することを許可します:

 

エンコード名
バイトオーダー
バイトオーダーマーク (BOM) 文字が含まれるか否か。

 

デフォルトでは、「新しいコンポーネントのためのデフォルトのエンコード」オプション内で定義されたエンコードを持つ新しいコンポーネント。 「ツール | オプション」からこのオプションにアクセスし、タブを生成します。

 

マッピングが XSLT 1.0/2.0 を生成すると、バイトオーダーマーク チェックボックスを有効化しても、これらの言語はバイトオーダーマークをサポートしないため効果はありません。

StyleVision Power スタイルシートファイル

このオプションにより、 Altova StyleVision スタイルシートファイルを選択または作成することができます。このようなファイルは、 XML インスタンスファイルからのデータを HTML、 RTF などの多種のレポートに適したフォーマットで出力することができます。

 

以下も参照: コンポーネント上で相対パスを使用する

min/maxOccurs をベースに入力処理の最適化の有効化

このオプションにより、 minOccursmaxOccurs="1" を持つ必要な属性または子要素 などの1つのアイテムのみを含むシーケンスを特別に処理することが許可されます。この場合、 シーケンスの最初のアイテムが抽出され、アイテムは( シーケンスとしてではなく)直接動的な値として処理されます

 

入力データがスキーマに対して場合、 有効でない場合、 エラーメッセージと共にマッピングを停止する空のシーケンスがマッピング内で生じる可能性があります。このような無効な入力を処理するには、このチェックボックスを無効化にします。

MFD ファイルに相対的なすべてのファイルパスを保存する

このオプションが有効化されると、 MapForce は、コンポーネント設定ダイアログボックスに表示された、MapForce Design (.mfd) ファイルの場所に相対したファイルパスを保存します。以下も参照: コンポーネント上で相対パスを使用する


(C) 2019 Altova GmbH