グローバルリソース XML ファイル

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  マップのカスタム化 > Altova グローバルリソース
 >

グローバルリソース XML ファイル

Altova アプリケーションが作成された場所にかかわらず、デフォルトですべてのグローバルリソースは、次のパスで保管されます: C:\Users\Documents\Altova\GlobalResources.xml。 これにより、グローバルリソースは明確になり、バックアップしやすくなり、 Altova 製品がインストールされている他のワークステーションで使用できるようになります。また、名前を変更、または、 GlobalResources.xml ファイルを複製することができるため、複数のグローバルリソースを作成することができます。しかしながら、1つのグローバルリソースファイルのみが Altova アプリケーション内でアクティブ化することができることに注意してください。

 

アクティブなグローバルリソースファイルをセットアップする:

1.「ツール」 メニューから 「グローバルリソース」 をクリックします。(または、「グローバルリソース」 ic-globrec ツールバーボタンをクリックします)。
2.「参照」 をクリックして、必要とされる グローバルリソース XML ファイルを選択します。

 

複数の グローバルリソースファイルが使用される場合、現在アクティブなグローバルリソースファイルにマッピングを実行するために必要な全てのグローバルリソースが含まれていることを確認してください。 例えば、マッピングでデータを読み取るためにグローバルリソースを使用するパスが構成されている場合、 現在アクティブなグローバルリソースファイルに特定のグローバルリソースが含まれている必要があります。それ以外の場合、「グローバルリソースの解決エラー」 などのエラーメッセージが 「メッセージ」 ウィンドウ内に表示されます。


(C) 2019 Altova GmbH