ジョブの停止

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ジョブの実行のモニタリング >

ジョブの停止

(メンバーであるロールのために) ジョブの停止 特権を有していることが前提で、現在作動中のジョブを中止することができます (特権の作動方法を参照してください)。

 

警告: ジョブの中断はデータの破損をする可能性があり、例外の環境でのみ実行される必要があります。

 

ジョブを停止した場合、FlowForce Serverは最初にジョブを故意に停止しようとします。停止されたジョブの結果を予想することは不可能ですが、 故意の中断は (定義されている場合)ジョブに関連したタスクタスクのエラーを処理しようと試みます。故意の中断が不可能な場合、待機後 FlowForce はジョブを強制的に中断します。 FlowForce Server にジョブを強制的に中断するように命令するには、「ジョブの停止の強制」 ボタンを押してください。

 

 

ジョブの停止方法:

1.「ホーム」をクリックします。 実行中のジョブページのセクション内で現在実行中のジョブが表示されています。

fs_monitoring_02

2.「ジョブの停止」をクリックします。 FlowForce Server はアクションを確認するようにプロンプトします:

fs_monitoring_03

3.「OK」をクリックします。システムが実行中のインスタンスを停止するまで待機してください。ジョブの種類により、これは数分かかる場合があります。この間隔の間、ジョブのステータスは 「中断」 または 「N ステップ後に中断」に変更されます。

fs_monitoring_04

ジョブインスタンスが中止されると、 「中断済み」 または 「ステップ N 後に中断」にステータスは変更されます。

 

ジョブインスタンスを正常に変更できなかった場合、 「ジョブの停止の強制」 をクリックして、強制的に停止してください。


(C) 2019 Altova GmbH