「ワーカー」モードを停止する方法

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  配布済みの実行 >

「ワーカー」モードを停止する方法

以前の通常の FlowForce Server 状態にワーカーマシンを変更する必要がある場合、ワーカーマシンのクラスター管理インターフェイスから変更することができます:

 

1.FlowForce ユーザーアカウントに 「クラスターの管理」 特権が存在することを確認してください。特権のしくみを参照してください。
2.ワーカーマシンで、 「管理」 をクリックして、「クラスター」をクリックします。
3.「マスターインスタンスから移動する」をクリックします。

 

これは FlowForce Server インスタンスを通常の作動モードに変更します。マスターにより明示的に削除されない限り、マスターに登録され続けます。この状態でクラスターに再登録する場合、マスターマシン上でこのワーカーのために秘密キーを生成することができます。マスターマシンからワーカーを完全に削除する場合、下の指示を参照してください。

 

「ワーカー」モードを停止する方法

マスターマシン上で、過去のマスターインスタンスへジョインをリクエストしたすべてのワーカーがクラスター管理ページ内で表示されています。これにはセキュリティトークンを確認済みのワーカーと、確認していないワーカーの両方が含まれています。後者のカテゴリは、(ワーカーではなく)通常の状態に変更されたマシンを含んでいます。

 

ワーカーモードを停止することなく、ワーカーを削除するとワーカーをワークモードのまま保留し、マスターに接続することができなくなります。マスターへの接続を再度可能にするには、上で説明されているとおり、ワーカーマシン上で「マスターインスタンスから移動」アクションを実行します。

 

 

ワーカーをマスターインスタンスから削除する方法:

1.FlowForce ユーザーアカウントが「クラスターの管理」特権を所有していることを確認してください。 特権のしくみを参照してください。
2.マスターマシン上で、「管理」 をクリックして、「クラスター」をクリックします。 「ワーカー」セクション内でワーカーのリストが表示されます。

ff_remove_worker

1.「ワーカーの削除」をクリックします。 確認メッセージが表示されます。
2.「確認して削除する」をクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH