配布済みの実行

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

配布済みの実行

データのスループットを向上し、基本的なフォールトトレランスを提供するために、FlowForce Server インスタンスがクラスターとして実行さえるように構成します。これにより以下の利点が提供されます:

 

バランスのロード
更に適格なリソース管理
スケジュールされた管理
サービスの中断のリスクの削減

 

バランスをロードする方法

ハードウェアの制限により FlowForce Server が同時に実行される複数のジョブインスタンスにより圧倒される場合、ワークロードを他の実行中の FlowForce Server (いわゆる 「ワーカー」) 再分配することができます。「マスター」マシンと複数の「ワーカー」マシンにより構成されているクラスターをセットアップし、クラスター内のライセンス供与済みのコアを活用することができます。

 

リーンなリソース管理方法

「マスター」として指定されているマシンの一つは継続的にジョブトリガーを監視し、状況に応じてワーカーにキューされているアイテム、または、自身に割り当てます。 例えば、マスターマシンをジョブインスタンスを処理しないように任意で構成し、データ処理とは異なり、リソースを自由にし、リソースを FlowForce Service の継続的な準備のためにのみ使用することができます。

 

ワーカーの計画された管理方法

サービスの準備を邪魔することなく、「マスター」 ではないの実行中の FlowForce Server インスタンスを再起動、または、一時的にシャットダウンすることができます。「マスター」は常に使用できることが期待されます。再起動、または、シャットダウンはサービスの準備を中断します。

 

サービスの中断の危険性を削減する方法

ハードウェアの故障、停電、接続されていないネットワークケーブルなどの場合、影響は使用中のマシンが「ワーカー」または「マスター」により異なります:

 

マシンが「ワーカー」の場合、ワーカー上の実行中の FlowForce ジョブは失われます。ですが、同じジョブの新規のインスタンスが異なるワーカー (または、構成されている場合はマスター )により引き継がれるため、 FlowForce サービスの一般的な提供は失われません。失敗を含むジョブの実行ステータスは、マスターにレポートされ、ジョブログ上で表示されるため、管理者は適切なアクションを手動でとることができます。
マシンが「マスター」の場合、サービスの供給は失われます。この場合、マスターが使用できない限り、新規のジョブインスタンスを開始することはできません。

(C) 2019 Altova GmbH