MapForce マッピングからジョブを作成する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ジョブの構成の例 >

MapForce マッピングからジョブを作成する

この例では、MapForce マッピングから FlowForce Server ジョブを作成する方法が説明されています。 最初に、MapForce から FlowForce Server でもマッピングファイルをデプロイします。マッピングのデプロイとは、 MapForce がマッピングに使用されるリソースをオブジェクトに整理し、 FlowForce Server にパスすることを意味します。マッピングが FlowForce Server にデプロイされると、サーバージョブをこれから作成することができます。この特定の例は、毎日特定の時刻に実行されるマッピングジョブの構成方法を命令する方法について説明しています。

 

必要条件

必須のライセンス: MapForce Enterprise または Professional エディション、 MapForce Server、 FlowForce Server
FlowForce Server が構成された ネットワークアドレスとポートで動作していること (以下を参照: ネットワークアドレスとポートの設定)
コンテナー の1つでパーミッションを有する FlowForce Server ユーザーアカウントを有していること (デフォルトでは、この例で使用されている /public コンテナーには、認証されたユーザーがアクセスすることができます)。
この例で作成されたマッピングジョブは XML ファイルを実行する都度作成します。 ですから、 FlowForce Server が作動するオペレーティングシステム でディレクトリ内にファイルを作成する権利を持つ必要があります。 (この例では、以下を使用します C:\temp ディレクトリ )。

 

使用されるデモファイル

CompletePO.mfd は次のパスで見つけることができます: <Documents>\Altova\MapForce2019\MapForceExamples

 

ジョブの作成

1.MapForce 内で CompletePO.mfd ファイルを開きます。

fs_deploy_mapping_01

2.まだ行っていない場合、マッピングの変換言語を「ビルトイン」に設定します。
3.「ファイル」 メニューから、「FlowForce Server にデプロイ」をクリックします。 .
4.関連したフィールドに、サーバー名と Web 管理インターフェイスのポートを入力します (例えば、FlowForce Server がデフォルトのホストとポートと同じマシンで作動している場合は、 localhost8082 です )。
5.FlowForce Server ユーザー名とパスワードを入力し、 ログインの横の デフォルトの オプションをそのままにします。

 

ディレクトリサービス 統合が有効化されていると、 ドメインユーザー名とパスワードを入力し、ドメイン名をログインドロップダウンリストから選択します。詳細に関してはディレクトリサービス 設定の変更を参照してください。

DeployMappingDlg

6.「Web ブラウザーから新規ジョブを作成する」 チェックボックスが選択されていることを確認してください。マッピングがデプロイされる先のパスを変更することはできますが、このサンプルの目的のために、選択されたパスはそのままにしてください。
7.「OK」をクリックします。 デプロイが完了すると、 FlowForce Server 管理インターフェイスは Web ブラウザーを開き、部分的に記入されたジョブのページが表示されます。 下に示されているように、記入済みの一部のパラメーターを持つ実行ステップが自動的に作成されます。 この例のスコープのために、パラメーター値そのままにしてください.

jobChainedPersonList

8.作業ディレクトリ ボックスでは、 FlowForce Server がジョブの出力を保存する必要があるディレクトリへのパスを入力してください。 この例は、作業ディレクトリとして、 C:\temp を使用しています。

 

作業ディレクトリとは、ジョブが入力ファイルを展開、または、出力ファイルを保存する場所が必要な場合の、実行ステップにより必要とされるパラメーターです。 FlowForce Server は、また、作業ディレクトリをステップの実行中に発生する相対パスを解決するために、使用します。 作業ディレクトリを与えるように問われた場合、 FlowForce Server が実行されているオペレーティングシステム上の有効なパスを与えてください。ステップを作成中に、作業ディレクトリが与えられない場合、  FlowForce Server は一時的なディレクトリを使用します。

 

9.トリガーから、 「新規タイマー」をクリックします。
10.実行の横から、 タイマーを毎日、1日1回実行するように設定します。 開始の横から、ジョブが開始される日時を選択します。 例:

fs_deploy_mapping_04

11.資格情報から、既存の資格情報の記録、または、ローカルの資格情報を指定します。 (以下も参照してください: 資格情報 )。

 

資格情報の記録は、ジョブが実行されるオペレーティングシステム上のユーザーアカウントに関連したユーザー名とパスワードにより構成されています。 FlowForce Server ジョブを定義すると、実行される必要のあるジョブの資格情報を与える必要があります。与えられた資格情報に関連したユーザーアカウントが、オペレーティングシステム上で十分な権利がない場合、ジョブを成功裏に実行することはできません。

 

fs_deploy_mapping_05

12. 「保存」をクリックします。 トリガー内で指定された日付で、 FlowForce Server マッピングジョブを実行します。 ジョブの実行に成功すると、結果 (CompletePO.xml) を生成し、前に指定された作業ディレクトリ内で使用できるようになります。 ジョブの実行が成功したかを確認するため、ジョブのログを参照してください (以下を参照: ジョブのログを確認する )。

(C) 2019 Altova GmbH