概要:  AS2 データの受信

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  AS2 との統合 >

概要:  AS2 データの受信

下の図は FlowForce Server Advanced Edition を使用してメッセージを受信するハイレベルのプロセスを示しています。

ff_as2_diagram_receive

FlowForce Server を使用した AS2 メッセージの受信

上記のプロセスは以下のように作動します:

 

Step #

説明

1. AS2 パートナーと証明書の構成

AS2 パートナーとの通信をセットアップするには、( URI と AS2 名など) AS2 接続の詳細と交換証明書を取得する必要があります。証明書 (とパートナーの詳細)は FlowForce Server にインポートされる必要があります。次を参照してください: AS2 証明書の構成 と AS2 パートナーの構成。

2. ジョブの作成

A FlowForce ジョブは、 AS2 リクエストのために FlowForce がリッスンする AS2 サービスを公開されるために作成される必要があります。

3. パートナーによる AS2 データの送信

パートナーとサービスの URL を共有すると、 AS2 リクエストの送信を開始することができます。

4. 同期  MDN を使用してパートナーに返答する

FlowForce Server が AS2 メッセージを受信すると、 成功、または、多種の検証エラーを通知する同期 MDN レポートを返します。

 

それ以外の場合、受信されるデータは AS2 サービスを公開するジョブにより処理されます。必要に応じてジョブがデータを処理するように構成することができます (例えば、メッセージをストリームから文字列に変換、メッセージから特定のヘッダーの読み取り、カスタム名を持つファイルにデータを保存、送信元のパートナーの名前を取得するなどの処理が挙げられます)。

 

AS2 仕様によると、 MDN ではメッセージのコンテンツではなくメッセージのデリバリーのみが考慮するべきです。この理由により、 AS2 受取ジョブは、できるだけ最小である必要があります (通常、メッセージはファイル、または、データベースに保存されます)。

 

メッセージのコンテンツが理由で AS2 受取ジョブは失敗することはありません。このため、余分なステップは (メッセージの受信と保存以外で)  個別のジョブとして定義される必要があります。これ以外の場合、受取ジョブがメッセージにデリバリーに関連しないステップを含まず、ステップが失敗すると、 AS2 仕様にでは期待されない (ネガティブな) MDN の失敗を引き起こします。

5. 受信済みの AS2 データの処理

AS2 サービスを公開する同じジョブにより受信されるデータは処理されます。 必要に応じてデータを処理するようにジョブを構成することができます (例えば、ストリームから文字列にメッセージを変換する、メッセージから特定のヘッダーを読み取る、カスタム名と共にデータをファイルに保存する、取引パートナーの名前を取得するなど)。

 

FlowForce を AS2 サーバーとして構成する詳細に関しては、 次を参照してください: AS2 メッセージの受信


(C) 2019 Altova GmbH