このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova FlowForce Server 2020

value に設定されている "Content-ID" ヘッダーを持つストリームを返します。set-mime-header 関数を使用して同じ結果を達成する場合、この関数はさらに直接なアプローチを表します。

 

署名

set-mime-content-id(s:stream, value:string="") -> stream

 

パラメーター

名前

説明

s

stream

入力ストリームを指定します。

string

"Content-Disposition」 内の値を指定します。

 

サンプル

ストリーム msg 内の Content-ID ヘッダーの値を <root.attachment> に設定することを前提とします。これを行うには、次の式を使用します:

 

set-mime-content-id(msg, "<root.attachment>")

(C) 2019 Altova GmbH