results

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  式関数 > ステップ結果関数 >

results

オプションで名前でフィルターされた指定された結果のストリームの配列を返します。関数 nth を使用して配列内の特定の値にアクセスします。

 

署名

results(result:result, name:string) -> stream

 

パラメーター

名前

説明

result

result

必須のパラメーターです。ストリームの配列を返すステップの結果です。

name

string

任意のパラメーターです。与えられると、結果内で特定な値を名前に従いフィルターします。

 

サンプル

MapForce コンポーネント CompletePO 複数のストリームから構成される結果を作成し、最初の結果にアクセスする場合、以下を使用します:

 

{as-file(nth(results(MapForceMapping, "CompletePO"), 0))}

 

results 関数は、 MapForce コンポーネントからストリームの配列を選びます。nth 関数は、この配列から最初のアイテムを選びます。as-file 関数はストリームからファイルを作成します。

 

以下の例を参照してください:

 

StyleVision 変換からジョブを作成する
複数の XML から複数の PDF を作成する

(C) 2019 Altova GmbH