parent-directory

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  式関数 > ファイルパス関数 >

parent-directory

パスから親ディレクトリを抽出します。

 

署名

parent-directory(path:string) -> string

 

パラメーター

名前

説明

path

string

ディレクトリへのパスを指定します。

 

サンプル

XML ファイルからデータベースを更新する MapForce マッピングが存在すると前提します。FlowForce Server には既にデプロイされており、ジョブも既に作成されています。また、ディレクトリが変更されると実行されるジョブも構成ずみです(つまり、ジョブはファイルシステムトリガー,を使用します。 ファイルシステムトリガーを参照してください)。

 

ジョブの最初のステップは、データベースを更新するマッピングを実行します:

func-example-parent-directory01

マッピングステップが実行を完了すると、目的は、ソース XML ファイルを "processed" という名前のサブディレクトリに移動することです。これを行うことにより、どのファイルが処理済みかを管理することができます。このゴールを達成するために /system/filesystem/move 関数を呼び出す新規のステップを追加し、ソースターゲット として下の値を入力します:

func-example-parent-directory02

ソース フィールドのパラメーター値 {triggerile} は、 FlowForce にマッピングをトリガーしたファイルを移動するように命令します。パラメーター値:

 

{parent-directory(triggerfile)}processed

 

保存先 フィールドが現在のディレクトリ内の "processed" という名前のディレクトリに設定します。これは、式と文字列により構成されています。式の部分が中かっこにより区切られていることに注意してください (以下を参照:文字列フィールド内に式を埋め込む)。式は、

 

{parent-directory(triggerfile)}

 

calls the 親ディレクトリ 関数を呼び出し、引数として値 "triggerfile" を与えます。

 

ですから、 ジョブが実行されると、 次のアクションが実行されます:

 

1.スクリプト、または、ユーザーがファイルを現在の作業ディレクトリに (例えば、 C:\FFSERV )コピーします source.xml

2.トリガーが実行され source.xml は "triggerfile" になります。

3.FlowForce Server は、マッピングを作動するステップを実行します。

4.FlowForce Server は、 source.xml を"processed" サブディレクトリに移動するステップを実行します。パス C:\FFSERV\processed 存在しなくてはならないことに注意してください。


(C) 2019 Altova GmbH