このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova FlowForce Server 2020

» このレベルの上のトピックは存在しません «

Altova 製品との統合

スクロール ホーム トップ その他

動作の説明 内では、 Altova 製品間での共同作業の概要が説明されていますが、基本的には、Altova MapForce により作成されたマッピングファイルと  Altova StyleVision により作成された変換ファイルは、次のサーバー製品を使用することにより自動的に作成することができます: MapForce Server (または MapForce Server Advanced Edition) と StyleVision Server。 MapForce Server と StyleVision Server は、サーバー環境 (Windows、macOS、Linux) 内でマッピングと変換をマンドラインで、 または  API からの呼び出し、実行することを可能にしました。これらの製品は、 FlowForce とは同時に実行されません。自動化とは API を呼び出す、または、 MapForce Server または StyleVision のコマンドラインを呼び出すプログラムを開発、または、スクリプトを作成することを含みます。更に、FlowForce Server 管理下で作動している場合、RaptorXML Server 内で使用可能な関数は FlowForce Server ジョブから呼び出すことができます。

 

MapForce Server と StyleVision Server はコマンドライン、または、 API 呼出から複数のプラットフォーム (Windows、 macOS、Linux) でマッピングと変換を作動することができます。FlowForce と共にこれらの製品が作動していない場合、自動化は API を呼び出すスクリプトの作成、または、 MapForce Server または StyleVision Server のコマンドラインの呼び出しを含みます。

 

MapForce Server と StyleVision Server が FlowForce Server 管理下で実行される場合、自動化を次のレベルで実行することができます。すなわち、 マッピングと変換を直接に FlowForce Server にデプロイすることができ、ジョブを実行できることを意味します (次を参照してください: しくみ)。 このように、マッピングまたは変換は以下を含む FlowForce Server ジョブの全ての利点を活用することができます: スケジュールされた、または、オンデマンドのジョブの実行、 Web サービスとしてのジョブの実行、 FlowForce 式を使用した構成、 エラーの処理、条件付けられた処理、電子メールによる通知など。

 

FlowForce Server にデプロイされると、デプロイしたマッピング、または、変換がコンテナー内に表示されます。以下に示されるとおり、 マッピングには .mapping 拡張子、変換には .transformation 拡張子が存在します。

ff_deployed_files

FlowForce の観点からは、 このようなオブジェクトは関数であり、このため、新規のジョブに変更することができます。これらは、既存のジョブから呼び出すことができ、パラメーターとして(通常はファイルである)多種の入力 を受け入れることができます。FlowForce Server はこのようなマッピング、または、変換を自身で実行しません。 MapForce Server または StyleVision Server (または、場合により両方) は、実際の実行を行うために呼び出されます。

 

RaptorXML 関数を RaptorXML コンテナー内で使用することができます。RaptorXML Server との統合 も参照してください。

 

次のセクションでは、サーバー実行のためにどのようにマッピングと変換を準備するか、これらをジョブにし、 FlowForce Server 内で結果を処理する方法について説明されています。

(C) 2019 Altova GmbH