電子メールのパラメーターの設定

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバーの構成 >

電子メールのパラメーターの設定

電子メールを送信するジョブを作成する場合、メールサーバーの SMTP アドレスとポート、および SMTP 資格情報を構成する必要があります。

 

FlowForce は、TLS または SSL を介して、暗号化された接続を構築しようと試みます。暗号化された接続に失敗すると、FlowForce は、暗号化と無しで接続を開始します。そして、 SMTP サーバーが明示的に要求する場合、接続を暗号化する可能性があります。 それ以外の場合、 SMTP 接続は、テキスト書式のまま保持されます。

 

 

電子メール設定の変更:

1.「管理」をクリックします。
2.「設定」をクリックします。
3.「SMTP サーバー」「SMTP ポート」 に、電子メールサーバーの名前とポートをそれぞれ入力します。標準の SMTP サーバーはポート 25 で接続を受け入れます。 SSL/TLS プロトコールで暗号化される接続を必要とする SMTP サーバーは、通常 465 または 587 である、他のポートからの接続を受け入れます。
4.SMTP サーバーが認証を必要とする場合、「ユーザー認証」 の横のプラスのアイコンをクリックし、ユーザー名とパスワードを入力します。
5.任意で、RFC2822–compliant メールボックスアドレスの値を 「デフォルトの送信元」 フィールドに入力します。 ここで入力されるファイルは、 builtin_function/system/mail/sendbuiltin_function/system/mail/send-mime 関数のパラメーターのデフォルト 「差出人」 として使用されます。

(C) 2019 Altova GmbH